2019.04.06

 4月5日(金)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、5月18日(土)「K-1 KRUSH FIGHT.101」の第2弾対戦カード発表会見が行われた。

 これまでスーパー・バンタム級で活躍してきた森坂陸が階級を上げてフェザー級に転向。名古屋の激闘派ファイター・倉崎昌史とフェザー級で対戦することが決まった。

 倉崎は12月のK-1大阪大会でTETSUに敗れてから約半年振りとなる再起戦。一方の森坂は二連勝と勢いに乗っているが、3月の「K'FESTA.2」では減量に苦しみ、今大会からフェザー級転向を決意した。会見では倉崎が「外見は派手だが試合が地味」と森坂を評したのに対し、森坂は「地味と言われないように色んな蹴りで盛り上げる」と得意の蹴り技でのKOすると応戦した。

森坂陸
「前回から減量が辛くてスーパー・バンタム級から階級を上げることに決めました。スーパー・バンタム級で二連勝していて、やりたい選手もたくさんいるんですけど、前回の試合はコンディションも悪い中で試合してたんで、今回はフェザーに挑戦として新しい一歩を踏み出そうと思って決意しました。フェザー級だったらもうちょっとパワフルな自分を見せられるかなと思いますので、自分のスタイルは貫きながらしっかり倒せるようになりたいと思います。注目お願いします。

(対戦相手の印象は?)けっこう前からいる選手でベテランというか、KRUSHには前からいる選手かなと思っています。何試合か見たことあるんですけど、打たれてもどんどん前に来るパンチャーの打ち合う選手かなって思ってます。(『外見は派手だが試合が地味』だと言われたが?)全然倒すことが出来ないんで地味って言われてもしょうがないのかなと思います(苦笑)。本当に今回は階級を上げたってこともあって倒せないと駄目だなと思ってるんですけど、倒すだけじゃなくて地味と言われないように色んな蹴りで盛り上げられたらなと思います。パンチで打ち合うのは他の選手も出来ることだと思うんで、僕はパンチに対して蹴りで対抗して、上手い具合にストーン!と当てて倒せたらなと思います。

(上の階級で通用する自信は?)やっぱり相手は大きくなると思うんですけど、減量が辛くてパワーがなくなるよりは、相手が大きくても自分の体調が良ければ全く問題ないと思ってます。パワーとかそんなに気にしないというか、相手が大きくても自分の方がスピードは絶対あると思いますし、意外と打たれ強い自信はあるし、絶対もらわないはずなんで。もらわなきゃ良いだけの話なんで大丈夫です。

(フェザー級での目標は?)まだベルトは凄い遠いですけど、KRUSHのチャンピオンが江川優生選手で、一応、自分が一度勝っている選手です。その時は全然圧勝じゃなくて勝ったって感じじゃないんですけど…。いつかちゃんとそこ(江川)まで辿り着いて挑戦できたらなと思ってます。(ファンに向けてメッセージは?)今回は階級を上げて一発目の試合なんで、必ずKOで倒して勝てるように頑張りたいと思います。今回の試合も負けてられないんで、最低限勝ちで倒すことを目標に練習してきます。ちょっといつもと違う自分を、これ毎回言ってますけど本当に倒せるように頑張ってくるんで、地味って言われないようにダダッと行きます」

倉崎昌史
「昨年12月のK-1から約半年空いて再起戦という形なんですけど、12月に(地元の)名古屋でK-1をやるって話を聞いたんで、そこに向けてここはしっかり倒して、12月のK-1出場をアピール出来たらなと思います。

(対戦相手の印象は?)とりあえずまず見た目がかなり派手ですね。見た目は凄い派手ですけど、試合はちょっと地味かなって思います。まあ次の僕との対戦はお互い盛り上げられれば良いかなって思います。(1年3カ月振りの後楽園ホールで、変わったところと見てほしいところは?)1年3カ月前は、12月もそうなんですけど僕はちょっと熱くなり過ぎて失敗するパターンが多くて。とりあえず今は拳は熱く頭は冷静にというスタイルを模索中で、必死こいて頑張ってます。

(戦績は黒星が先行しているが、今後どう巻き返して行きたい?)戦績は自分でもちょっと恥ずかしいなって思ってるんで、とりあえず今年は色々と覚悟を決めて戦うつもりなんで、まずは目の前の一勝をしっかり掴んで、そこから先のことはまた考えます。(ファンに向けてメッセージは?)話変わるんですけど、今日の朝に名古屋で駐車違反取られて凄いイライラしてるんで、このイライラを森坂選手とのファイトにぶつけて、ぶっ倒してやろうかなって思ってます」

 

選手登録