2019.03.31

 3月31日(日)東京・新宿区の「GSPメディアセンター」にて「Krush.99」の一夜明け会見が行われた。
 昨日のメインイベントとなったKrushスーパー・フェザー級タイトルマッチで王者・島野浩太朗と対戦した西京佑馬。序盤からリーチを活かした攻撃で試合のペースを掴むと、3Rには右ストレートで二度のダウンを奪い判定勝ちを収め、“高校生Krush王者”の目標を達成した。

 一夜明け会見で西京は「島野選手にはけっこうパンチ当ててたんですけど、やっぱチャンピオンとしての意地があって中々倒れなくて苦戦しました」と島野のタフさを称えつつ「島野選手はチャンピオンで凄い良い選手だったんで、その選手に二回ダウン取って勝てたというのはかなり自信につながりました」と試合を振り返る。
 さらにベルトを手にした心境を「素直に嬉しいんですけど、ベルトを獲ってみたら、ここからがスタートかなって気持ちです」と語る西京。K-1チャンピオン、そして高校卒業後は格闘技一本で生きていける選手になることを目標に掲げ「レオナ・ペタス選手には一回負けてるんで、しっかりリベンジして、その後も強豪とどんどんやっていきたいです」とプロキャリアで唯一敗れているレオナ・ペタスへのリベンジを希望した。

西京佑馬
「昨日は応援ありがとうございました。昨日のタイトルマッチが決まってから今まで2カ月間ぐらいしっかり練習してきたんで、島野選手にはけっこうパンチ当ててたんですけど、やっぱりチャンピオンとしての意地があって中々倒れなくて苦戦しました。(試合を振り返って、改めて島野選手の印象は?)1R目からガンガン来るかなとは思ってたんですけど、3R目にダウン取ってからは勢いを増してきて、ちょっとボディが効いちゃったんですけど、勢いがあってタフだなって感じがありましたね。
(1Rから上手く距離を取ってカウンターを当てていたが、それは狙っていた?)自分のファイトスタイル的にもカウンターの方が多いんですけど、その中でダウンが取れたのも練習で一杯やってきたことなんで、癖として出て良かったかなと思います。(ボディを効かされた中でもカウンターでダウンを奪って成長を感じた?)回復するようにちょっと逃げてたんですけど、相手に隙が出来るかなと思ってよく見てました。(実績が豊富な島野選手に勝利したことで得たものは?)やっぱり島野選手はチャンピオンで凄い良い選手だったんで、その選手に二回ダウン取って勝てたというのはかなり自信につながりました。
(ベルトが手元にある現在はどんな思い?)素直に嬉しいんですけど、獲ってみたら、ここからがスタートかなって気持ちです。(チャンピオンとしての理想像は?)ここからはもう負けなしでどんどん勝ち進んで、K-1のチャンピオンも狙って行きたいです。(今後の目標は?)高校を卒業して、これから社会人として自分はキック一本でやっていくつもりなんで。格闘技だけで食べて行けるような凄い選手になりたいです。(SNSで兄の春馬選手が『これからは敬語で話さないといけない』と言っていたが、何か言葉はかけられた?)『おめでとう』ってぐらいですね。全然敬語じゃないです(笑)。(兄弟でどんなファイターになっていきたい?)春馬は今はチャンピオンじゃないですけど、自分がチャンピオンになったことで多分良い刺激を与えられたと思うんで、春馬にも頑張ってもらって兄弟チャンピオンになりたいです。(戦いたい相手や、やっていきたい試合は?)レオナ選手には一回負けてるんで、しっかりリベンジして、その後も強豪とどんどんやっていきたいです。(ファンに向けてメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。これからもしっかり頑張るんで、ご注目よろしくお願いします」