2019.03.29

 3月29日(金)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、3月30日(土)後楽園ホール「Krush.99」の前日計量・会見が行われた。

 4月から“Krush”の大会名称が“K-1 KRUSH FIGHT”へ変更するにあたり、“Krush”としてはラストとなる今大会。そのメインイベントとして王者・島野浩太朗と挑戦者・西京佑馬によるKrushスーパー・フェザー級タイトルマッチが行われる。両者はリミットいっぱいの60.0㎏で計量をクリアし、調印書にサインして試合への意気込みを語った。

 昨年12月に西京の同門・大岩龍矢を延長判定で下して、初防衛を成し遂げた島野。普段からKrushへの強い思いを語っており、そのKrushの最終戦を自身が務めることに固い決意をにじませる。一方、プロ7戦目でのタイトル挑戦となった西京は高校在学中の王座戴冠を狙い、冷静なまま闘志を燃やした。

島野浩太朗
「明日の防衛戦に向けて、ここまで順調に準備を重ねてくることができました。あと1日集中して、明日最高の状態でリングに上がります。よろしくお願いします。(初防衛を経て?)前回防衛をして、防衛した時にはすごく大きな経験になったなという実感がありました。でも改めて試合が決まると、前回の延長線と言うより、この1試合が本当に大きなもので、2度目の防衛戦という形ですけど、自分の中では“新しい試合に挑戦するんだ”という気持ちで準備してきました。僕は特別なことをやって急に成長したり、急に変わったり、そういうタイプではないので、前日の自分より今日の自分が良くなるように、日々の積み重ねという意識で準備してきました。

(Krushへの想いは?)簡単に言葉で言えるものじゃないですけど、自分自身、菅原道場の竹内先輩(“狂拳”竹内裕二)がKrushで活躍されていて、その憧れから始まりました。自分もKrushのベルトを志すようになって、Krushが始まった頃から試合を見てきたんですけど、ほんとに多くの名勝負が生まれてきたリングだと思うし、レジェンドと今言われている先輩方が作ってきた歴史のあるリングだと思います。

 自分がKrush最後のタイトルマッチ、最終戦に臨むことは重みのあることだと日々感じて準備をしてきました。明日はその気持ちを全てぶつける覚悟で試合にぶつかりたいと思います。明日のKrush最終戦、技術以上にKrushへの気持ちを全てぶつけていきたいと思います。1Rから注目よろしくお願いします」

西京佑馬
「明日のためにしっかり練習を積んできたので、タイトルマッチが楽しみです。しっかり倒したいと思います。(タイトル初挑戦について)僕は次が7戦目で、高校生のうちにチャンピオンになると言ってきて、明日はそれが叶うかもしれない試合です。どの試合よりもモチベーションがあったのでしっかり追い込んできました。気持ちは(これまでの試合と)全然違います。

(Krushへの想いは?)自分はKrushではまだ4戦しかしてないんですけど、小っちゃい頃から見てきた大会なので、とりあえず頑張りたいです。(前回島野と対戦した大岩からアドバイスは?)アドバイスはもらってないんですけど、前回は生で試合を見たので、結構感じるものはありました。(島野選手は)見た感じタフで、パワーもスタミナもあるんですけど、自分が勝ってる部分もあると思うので、そこをしっかり突いて最終的にはKOで倒せたらいいと思います。

(K'FESTA.2から刺激を受けた?)あの日のKREST勢は負けの方が多かったんですけど、自分がしっかりタイトルを獲ってKRESTにいい流れを作れたらと思います。最後のKrushということなので、しっかり倒してインパクトを残すので、注目よろしくお願いします」

 王者・島野がKrushへの熱い想いを宿した拳でベルトを守るか? 挑戦者・西京が新時代の旗手としてKrushのベルトを奪うか?