2019.03.24

 4月19日(金)東京・後楽園ホールで開催される「K-1 KRUSH FIGHT.100」の[K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級/3分3R・延長1R]で竹内悠希と対戦する平山迅のインタビューを公開!

──今回からK-1ジム三軒茶屋シルバーウルフの所属になりました。改めてシルバーウルフに移籍しようと思った一番の理由は何だったのですか?

「シルバーウルフだったら選手としても人としても成長出来るんじゃないかって気持ちがあったからですね。試合を振り返っても、今までの自分はパンチに頼ってしまうところがあって、ちょっと行き詰ってる感覚もあったので、練習環境を変えようと思いました」

──例えば若い選手だったら上京して練習環境を変えることも躊躇しないと思いますが、平山選手はキャリアも年齢もある中で、上京して全てを変えることは一大決心だったと思います。そこはやはり格闘家として一花咲かせたいという気持ちが後押ししたのですか?

「そうですね。若い方が環境を変えることに躊躇しないかもしれませんが、逆に自分らはもう年齢的にも後がないんで、それだったら思い切って環境を変えるという気持ちの方が強いですね。東京に行くうえで自分を応援してくれている人たちから『人生一回やからやりたいようにやれ。自分が思うようにやってみろ』と言ってもらえたことも大きいですね」

──しかもウェルター級からスーパー・ライト級に階級を下げての試合になります。

「正直、ウェルター級でも減量はしんどかったんですよ。自分は普段から節制していて、めちゃめちゃ身体がデカイわけでもないんで。でも自分の骨格や身長のことも周りに相談したら『スーパー・ライト級でもいけるぞ』という声もあって、じゃあ落としてみようと思いました」

──プロでスーパー・ライト級(65kg)で試合するのは初めてですか?

「初めてです。一番体重を落とした時でも66.8kgだったんで。今回は練習環境も階級を変えての初戦で、楽しみもありますし、もちろん不安もあります。でも自分が変わることで勝ちにつながるならば、限りある格闘技人生なんでやってみようという想いです」

──対戦相手の竹内悠希選手もパンチ主体で攻撃的なファイターです。平山選手としてはどんな自分をファンの皆さんに見せたいですか?

「やっぱり自分のイメージはKOだと思うので、そのテーマを変えずにしっかり倒しに行く気持ちは常に持ち続けて、あとは相手の攻撃をもらわないように、ですね。今の自分はスポンジと同じで、色んなことを吸収しているし、まだまだ成長できると思っています」

──では改めて新しい環境での今年の目標を聞かせてもらえますか?

「こうやって自分を受け入れてくださった大宮司さん、それを快く送り出してくれた神戸のジムの方たちにも本当に感謝して、その気持ちを忘れずスーパー・ライト級でも戦える自分を作ってベルトを狙っていきます」

 

選手登録