2019.01.27

 1月27日(日)東京・新宿区の「GSPメディアセンター」にて「Krush.97」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第2試合で迅也と対戦した“戦う国家公務員”松本篤人。約1年半ぶりの試合だったものの、強固なディフェンスとリーチを活かした試合運びで判定勝ちを収めた。

 松本は「昨日は1年半振りに試合ができて、まず無事にリングに立てたことが一番かなと思っています。応援してくださる皆様のおかげで勝利できました」と周囲への感謝を述べると「試合当日も息子を親子スイミングに連れて行ってから後楽園ホールに入った」や「仕事と育児もあって週1~2回の練習しか出来ないけど強くなることはできる」といった仰天エピソードを口にした。

松本篤人
「昨日は1年半振りに試合ができて、まず無事にリングに立てたことが一番かなと思ってます。応援してくださる皆様のおかげで、試合に出るだけじゃなくて勝利することができました。結果は相変わらず地味で、また判定の記録が一つ更新されましたけど(苦笑)。まずは勝って、特に大きな怪我もなかったんでホッとしてます。

(1年半振りの試合の感想は?)僕は34歳といい歳で、仕事もあって週に1~2回の練習です。ちゃんと身体が動くかなというところだったんですけど、そこはきちんと調整できて動けたので、まだまだ出来るんじゃないかなと思ってます。対戦相手の迅也選手は思ったよりも蹴りや攻撃力が強かったなと思います。僕は格闘技マニアとして客観的に見るのが好きなので、もう一絞りして下の階級で頑張ったら、もっと強くなるんじゃないかなという気がしました。

(勝因は?)僕の場合は自分のできることをやる形で、明らかに今回はリーチ差があったんで、相手の嫌なことをやって潰して潰して、そこが上手くハマったかなって感じです。僕はプロ練習とか全然やったことがなくて、週に1・2回、一般会員さんと一緒に練習しています。その中で、いつも練習してくれるメンバーでサウスポーの人もいますし、ああいう回転系の技を使う方もいらっしゃるんで。迅也選手の攻撃で特に予想外のものはなかったかなって感じです。今回の勝利は日頃の練習仲間のおかげだと思ってます。

(仕事と育児と格闘技を両立しながら試合を続けたい?)やっぱり僕は格闘技が大好きなんで、やめずに頑張ってやりたいな、と。今週も仕事が忙しくなってタクシー帰りが続いて、ほとんど1週間何も動いてなかったんですけど、何とか試合ができました。

 あとは家庭の方も、毎週土曜日は上の子供のスイミングの時間で、昨日も親子スイミングに息子を連れて行って、一緒に昼ご飯を食べてから後楽園ホールに行きました。ちなみに子供はちゃんと進級してワッペンをもらえたので、僕も頑張らなきゃな、と。なので仕事・家事・格闘技ともちゃんとできたかなって感じです。

(今年の具体的な目標は?)こういう場(会見)に来るのが初めてで、昨日同じ階級でタイトルマッチがあって、僕は過去に松下選手に勝っています。もしかしたら自分は良いポジションにいるのかなと。ちょっと控えめな言い方ですけど、新しいチャンピオンが決まって次は防衛戦ということになると思うんで、その候補になれたらいいなと思います。

 あと僕はさいたまスーパーアリーナがあるさいたま新都心の近くに住んでいて、いつもあの駅を使って出勤していて、NHKのファミリーコンサートではよく行くんですけど(笑)、いつもK-1がある時には会場にはいかずに中継を見ていました。だからあの会場(さいたまスーパーアリーナ)への憧れがありますね。それが今年の目標かなって感じです。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)本当に昨日は色んな方に応援していただいてありがとうございました。最初に言ったんですけど、僕はプロ練とかじゃなくて、週に1・2回、色んなバックボーンの一般会員の方々と楽しく練習してるだけなんですけど、それでも強くなれることを証明できたかなと思ってます。そういうやり方でも強くなりたい方がいれば、ぜひバンゲリングベイに、ということで、今年もよろしくお願いします」