2019.01.25

 1月25日(金)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホール「Krush.97」の前日計量・記者会見が行われた。

 3大タイトルマッチが行われるトリプルメインイベントの幕開けは、萩原秀斗と晃貴によって争われるバンタム級王座決定戦だ。公開計量は両者とも無事にリミットをクリアし、調印式・記者会見で試合への意気込みを語った。

 会見の冒頭では晃貴が「明日は自分が絶対にベルトを獲る。明日はたくさんの人が応援に来てくれるので、その人たちと喜びたいと思います」とタイトル奪取を宣言。

 対する萩原も「計量が終わって、タピオカ飲んで元気になりました。明日は余計なことが考えないで、自分がやってきたことと、やるべきことをやって勝って、最速でベルトを獲ります」とKrush2戦目でのベルト奪取を予告する。

 続く質疑応答でタイトルマッチを目前に控えた心境は聞かれると、晃貴が「今回タイトルマッチということで、死ぬほど練習してきました。明日、絶対に自分がベルトを獲れると思います」と改めてベルト獲得に自信を見せると、萩原も「今までのプロのキャリアの中でも一番密度の濃い練習をしてきました。日頃の生活から改めて、嫌だなと思うことから全て逃げずに向かい合ってきたので、それが試合で出ると思います」と明日のために全てを改善してきた。

 事あるごとにKrushのベルトに対する熱い思いを語ってきた2人は「Krushのベルトはずっと欲しかったベルト」(晃貴)、「Krushのベルトは人生で一番欲しいもの。ベルトを獲って人生を変える」と改めてベルトに対する思いを熱弁。

「試合を決める鍵は?」と問われると、晃貴が「自分は殴り合いをしようと思っている。ガードの上からでも思いっきり殴ってダウン取る」と殴り合いを求めると、萩原は「相手のペースに乗らないこと。殴り合いはしません。殴り合いをしてるようで、僕が殴って終わります」と晃貴の要求には乗らず。

 ファンへのメッセージを求められた場面でも「明日は相手を追い回して、殴って絶対KOで勝つ」と最後まで威勢の良い晃貴。一方の萩原は「晃貴選手はずっと『自分の方が全部勝っている』とか言っていて、自分は晃貴選手より劣ってると思います。だから明日は僕が勝ちます」と謎解きのようなメッセージを残して会見を終えた。

 3大タイトルマッチの口火を切るバンタム級王座決定戦、憧れのベルトを手にするのは萩原か? それとも晃貴か?