2018.12.19

 12月18日(火)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、2月16日(土)東京・後楽園ホール「Krush.98」の決定対戦カードが発表された。

 スーパー・ライト級で竹内悠希vs眞暢が決まった。ともに攻撃力が目立つファイターだが、現在は連敗が続いている。会見では両者が揃って出席し、連敗脱出への意気込みを語った。

眞暢
「自分は連敗中で、勝たなきゃいけない・応援してくれている人たちに勝つ姿を見せなきゃいけないと思って、冷静でなかったり、焦っていたりした部分がありました。それでこのまま続けるのは違うなと思ったし、このまま終わるのも違うなと思いました。もし次リングに上がるなら、好きで始めた格闘技なので格闘技を楽しいと思えた時、自分の気持ちでもう一度リング上がりたいと思った時に試合をしたいと思いました。ちょうどそこでオファーをいただいたで、試合を受けさせていただきました。

(対戦相手の印象は?)すごく攻撃力があって、倒せる武器がある良い選手だと思います。ただその分、穴もあると思います。(連敗中で何を意識して練習している?)今までは連敗を意識しすぎて焦っているところがありました。それで格闘技が好きじゃなくなっていました。自分はもともと格闘技が好きで東京まで出て来たのに、それは違うな、と。今回はすべてを楽しんだうえでリングに上がろうと思います。昔の自分は何も考えずにガンガン行っていて、自分に足りないものを補おうとして、色んな練習をして逆に自分の良さを出せないようになりました。

 今回は自分の良さを出すことを考えて戦おうと思います。竹内選手とは噛み合う試合でKO決着になると思います。自分を出せなくて苦しい時間が続いていますが、今回は自分を出して活き活きと戦いたいです。しっかり試合を楽しんだうえで勝ちたいと思います」

竹内悠希
「僕も今は連敗中で復活しないといけないと思っています。また本戦で試合を組んでもらえたことがうれしくて、本戦初勝利を目指して頑張ります。(対戦相手の印象は?)攻撃力があって、油断できない相手だと思います。ディフェンスも意識して戦います。

(連敗中で何を意識して練習している?)勝つことだけ考えて頑張ろうと思います。自分もKO決着したいのでKOで勝ちます。最近は負けている姿ばっかり見せてきたんで、今回は勝つ姿を見せたいです。期待して見ていてください」
 また12月の大阪大会に出場した林勇汰の出場が決定。対戦相手は後日調整のうえ、発表となる。林のコメントは以下の通り。

林勇汰
「12月のK-1大阪大会はインパクトを残して勝とうと思ったんですけど、微妙な感じで終わってしまいました。すぐに試合を組んで欲しいとお願いしていたら、すぐに試合を組んでもらって、対戦相手は未定なんですけど、誰が来ても頑張ります。(玖村とは再戦したい?)すぐ再戦になるかなと思ったんですけど、違う相手になるらしいので、またどこかのタイミングで対戦できればと思います。(2019年の目標は?)一試合一試合勝って負けなければチャンスが来ると思います。お兄ちゃん(林健太)がライト級世界最強決定トーナメントで優勝して有名人になったので、お兄ちゃんに負けないように頑張ります。(ファンのみなさんへのメッセージは?)次はインパクトを残す勝ち方をするんで応援お願いします」