2018.12.18

 12月18日(火)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、Krushバンタム級王者・金子晃大が王座返上を発表。それに伴い「Krush.97」1.26(土)後楽園ホール大会でバンタム級次期挑戦者決定戦として組まれていた萩原秀斗vs晃貴の一戦が王座決定戦として行われることになった。

 金子は6月にバンタム級王座を獲得し、10月には挑戦者・隼也ウィラサクレックにKO勝利して初防衛に成功した。会見に出席した金子は返上理由を「体重が増えてきたというのと、今のバンタム級ではもう戦いたいと思う相手はいないと思いました。一階級上のスーパー・バンタム級ではK-1に武居由樹選手がいるし、Krushでも王座決定トーナメントをやっていて、強い選手が一杯います。その中でやっていきたいと思います」と返上理由を説明し、今後はスーパー・バンタム級で活躍していきたいと語った。

金子晃大
「体重が増えてきたというのと、今のバンタム級ではもう戦いたいと思う相手はいないと思いました。一階級上のスーパー・バンタム級ではK-1に武居由樹選手がいるし、Krushでも王座決定トーナメントをやっていて、強い選手が一杯います。その中でやっていきたいと思います。(K-1も目標にしている?)K-1もというか、自分はK-1が目標なんで。それを目標にしてやっていきたいと思います。

(武居選手の他に具体的に戦いたい相手は?)今のトーナメントの優勝者だったり、トーナメントに出ていた選手もみんな強いと思うんで、そういう選手ともやりたいなって思ってます。(ファンのみなさんへのメッセージは?)スーパー・バンタム級でもどんどんKOして、面白い試合をしたいです。K-1のベルトも獲りたいと思ってるんで、応援よろしくお願いします」

 続いて王座決定戦でベルト獲りのチャンスを得た晃貴と萩原が会見に出席。「KrushのベルトはKrushでデビューした時からずっと欲しかったベルトなんで、やっと目の前に来て嬉しい」と喜ぶ晃貴に対し、萩原も「Krush2戦目でこのようなビッグチャンスをいただいて感謝しています。Krushのベルトは、僕がプロになって初めてカッコイイなと思えたベルトなので、そのベルトがもう少しで自分の手に入ると思うととてもワクワクしています」とベルト奪取の好機に胸を躍らせた。

晃貴
「KrushのベルトはKrushでデビューした時からずっと欲しかったベルトなんで、やっと目の前に来て嬉しいです。気合いを入れて練習頑張ってベルトを獲ります。(王座決定戦になると聞いた時は率直どう思った?)金子選手が返上すると聞いた時はビックリしましたね。まあでもKrushのベルト欲しかったんで嬉しかったです。

(タイトルマッチとしてどんな試合を見せて勝ちたい?)タイトルマッチはどの階級も盛り上がって凄いなと思っていたんで、他の階級に負けないぐらい殴り合ってKOで勝ちます。(ファンに向けてメッセージは?)今回タイトルマッチということで、ファンの皆さんを盛り上げて盛り上げて絶対勝つので応援よろしくお願いします。(萩原は)Krush2戦目でベルトを獲れるとかKrushはそんなに甘くないので、しっかり僕が獲って勝つんで応援よろしくお願いします」

萩原秀斗
「今回Krush2戦目でこのようなビッグチャンスをいただいて、とても感謝してます。Krushのベルトは、僕がプロになって初めてカッコイイなと思えたベルトなので、そのベルトがもう少しで自分の手に入ると思うと、とてもワクワクしています。タイトルマッチにふさわしい試合が出来るようにしっかり仕上げていきます。(王座決定戦になると聞いた時は率直どう思った?)金子選手から獲りたかったのでちょっと寂しい部分もあります。でもベルトを獲って、強い選手とやって防衛して、ベルトの価値を高めていければ。それでまた金子選手とやれたら良いなと思います。

(タイトルマッチとしてどんな試合を見せて勝ちたい?)倒します。(ファンに向けてメッセージは?)ここで僕がしょうもない試合をして勝ったらKrushがなめられてしまうと思います。なのでしっかり盛り上げるのはもちろん、圧倒的に勝って衝撃を与えます。ファンの皆さんにKrushバンタム級のチャンピオンとして認めていただけるような勝ち方をしますのでよろしくお願いします」

 Krush最軽量級=バンタム級のベルトを掴むのは萩原か?それとも晃貴か?