2018.12.17

 12月17日(月)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.96」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第4試合、自身初の国際戦となったアリ・ザリンファーにラッシュをしかけられながらも、冷静に左フックで打ち抜き秒殺KOで勝利した西京佑馬。一夜明け会見では「最初から来るだろうなと思っていて、案の定来たけどしっかり攻撃は見えていた。ガードを上げて誘って、カウンターを狙ったらドンピシャで入ってKO出来ました」と試合を振り返る。

 会心のKO劇に「スーパー・フェザー級でやっていく上で良いアピールが出来たと思う。タイトルマッチにも近づいたと思います」と語ると、同日に行われたタイトルマッチについても「凄い激闘でしたけど、自分がやればいけるんじゃないかとも感じました」と自信を見せる。最後は「強い選手に負けずに勝って、あと1年以内でやりたい」と最短距離でのベルト挑戦をアピールした。

西京佑馬
「初めての外国人選手で試合も半年振りだったんですけど、気持ち良い勝ち方出来て安心してます。(試合開始から相手が仕掛けてきたが?)最初から来るだろうなとは少し思っていて、案の定来たけどしっかり攻撃は見えてたんで。ガードを上げて誘って、カウンターを狙ってって感じでいったらドンピシャで入ってKO出来ました。

(作戦は事前に考えていた?)そうですね。映像も見て、これだったら合わせられるなというのも感じてたので。上手くいきました。(初の国際戦だったが自信はあった?)自信はありましたね。負ける気はなかったです。

(今後の手応えは感じた?)この試合でスーパー・フェザー級でやっていく上で良いアピールが出来たと思うんで、タイトルマッチにも近づいたと思います。次の試合もしっかり勝って、タイトルマッチに向けてしっかり頑張りたいです。(メインのタイトルマッチの感想は?)凄い激闘でしたけど、自分がやればいけるんじゃないかとも感じました。

(高校在学中のタイトルマッチは難しくなったが、出来れば早くやりたい?)強い選手に負けずに勝って、あと1年以内でやりたいですね。(ファンに向けてメッセージは?)これからも頑張っていくんで、注目よろしくお願いします」