2018.12.17

 12月17日(月)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.96」の一夜明け会見が行われた。
 
 第3試合で桝本“ゴリ”翔也との接戦を制して連敗をストップした森坂陸。一夜明け会見では「昨日は内容的には全然良くなかったんですけど、覚悟を決めて挑んだ試合で、負けたら本当に1回リングを降りるつもりだったので勝ててほっとしてます」と崖っぷちでの勝利に安堵の表情を浮かべ「3Rは倒されてもしょうがないという気持ち、どんどん前に出ようという気持ちで試合しました」と試合を振り返った。

 来年の目標については「昨日のスーパー・バンタム級の準決勝2試合を見たんですけど、やっぱり今の自分の実力だと彼らには全然追いつけてない。来年はちゃんと勝っていって、どれぐらいかかるか分かんないですけど一歩一歩トップの人達に近づいて、また試合をして勝って挽回したい」と今後の巻き返しを誓った。

森坂陸
「昨日は内容的には全然良くなかったんですけど、覚悟を決めて挑んだ試合で、負けたら本当に1回リングを降りるつもりだったので勝ててほっとしてます。応援してくださった皆さんありがとうございました。(3連敗という苦しい状況の中で勝利した心境は?)3連敗していて、凄く強い選手と連続でやらせてもらって勝てなかった。今回もキャリアのあるトップクラスの選手だったんで、これで負けたら今の自分じゃ今後やっていけないなと思ってました。だからもう今回負けたら来年は自分を見つめ直す年だと思ってて、勝てたんでちょっと自信も持てて、またこれから前進して突き進んでいきます。とりあえず勝たないといけない試合だったんで、内容は納得いかなくても勝てたことには一安心って状態です。

(2Rまでは劣勢だったが、3Rは火がついた?)やっぱり1Rが凄い苦手で、1・2Rをどっちも動きを見ちゃう癖がまた出ちゃったかなってのはありました。ただ攻撃は見えてたんで、多少もらってしまいましたけど効いた攻撃はなかったです。セコンドにも『1・2Rの印象悪いからもっと手数出せ』って言われて、3Rは倒されてもしょうがないっていう気持ち、どんどん前に出ようっていう気持ちで試合しました。

(踏み止まった状況だが来年はどうしていきたい?)昨日のスーパー・バンタム級の準決勝2試合を見たんですけど、やっぱり今の自分の実力だと彼らには全然追いつけてないと思う。とりあえずぎりぎり生き残ったって感じで、来年はちゃんと勝っていって、どれぐらいかかるか分かんないですけど一歩一歩トップの人達に近づいて、また試合をして勝って挽回できればなと思ってます。

(ファンに向けてメッセージは?)昨日は本当に応援ありがとうございました。全然良い内容じゃないのは分かってたんですけど、覚悟を持ってプレッシャーのある中での試合だったんで、勝った時はちょっと涙が出てしまいました。その涙に感動したってSNSで言ってくれる人が多くて、凄い嬉しかったです。来年はこの勢いに乗って勝っていければと思います。今年は4戦して1勝しか出来なかったんですけど、来年は本当に負けられない年だと思うんで、来年こそは連勝で飾っていけたらなと思ってます」