2018.11.28

 11月27日(火)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターで記者会見が行われ、Krush 2019年シリーズ第1戦「Krush.97」1.26(土)後楽園ホール大会の第1弾・対戦カードが発表された。

 現在、金子晃大が王者に君臨するKrushバンタム級王座の次期挑戦者を巡り、萩原秀斗と晃貴の対戦が決定。23戦のキャリアを持つ萩原は10月Krushに初参戦を果たすと、タイトルマッチ経験を持つ隆聖に判定勝ち。Krush第2戦にしてタイトルマッチへの足掛かりとなるビッグチャンスが訪れた。

 対する晃貴は強豪の集うK-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTの一員で、9月のKrushでベテラン出貝泰佑に判定勝ち。王者・金子とは過去に対戦するも敗れており、ベルトと同時に金子へのリベンジを狙う。

 わずか3戦にしてKrush王座を奪取せんとする萩原と、金子への雪辱を期する晃貴。掴みどころのない不思議な強さとキャラクターを発揮する王者・金子の前に立つのはどちらとなるか。

萩原秀斗
「今回は次期挑戦者決定戦ということで、最短でベルトを獲るには絶対に落とせない試合になるので、晃貴選手は強くて手強いと思いますけど、いい勝ち方をしてタイトルマッチにアピールします。

(晃貴の印象は)リーチは短いですけど爆発力があってコンビネーションも上手だなと思います。でも攻略できない相手じゃ全然ないと思うので、また勝ちます。(相手の)得意なところを消して、最後には倒して勝って、萩原なら金子選手に勝てるんじゃないかって思わせるような勝ち方をして倒します。

(王者・金子の印象は)すごいキャラが面白くて、カッコよくて強くてうらやましいなと思います。でも試合で勝てない部分はないので、勝てる部分で勝負して、勝ちます。自分はK-1ジム総本部で練習するようになって7ヵ月目ぐらいです。倒しに行くところで倒しに行けたり、行けるようになったと思います。

(代表の梶原)龍児さんにも言われたんですけど、『リングの上では優しい秀斗を消すように』って言われていて、それもだいぶ消えてきて、だんだんファイターになれてきているかなっていう状態です。(ファンのみなさんへのメッセージは?)僕も倒しに行くので、たぶん倒し合いになると思います。盛り上げるのでよろしくお願いします」

晃貴
「最近2試合連続で勝って調子がいいんですけど、最近KOがないので、この試合をKOで勝ってベルトに挑戦したいです。(萩原の印象は)1試合しか見てないので、あんまり印象がないですね。でも僕の方が強いですね、間違いなく。全て上回っていると思うので、この試合KOで勝ちます。

(王者・金子の印象は)強いですよね。今のままでは勝てないと思うし、この試合をKOで勝てないと金子選手には勝てないと思うので、この試合で圧倒的な差をつけてKOで勝って金子選手に挑戦したいです。この試合をKOで勝って、会場のみなさんを盛り上げます」