2018.11.22

 11月22日(木)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、12月16日(日)東京・後楽園ホール「Krush.96」の[Krushスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R]で対戦する桝本"ゴリ"翔也と森坂陸が意気込みを語った。

 第6代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメントで一回戦敗退に終わった桝本と森坂による一戦。両者はトーナメントで敗れただけでなく、それぞれ連敗中という中で生き残りをかけて対戦する。

 会見では森坂が「次勝てなければ上に行けない。ここで勝てなかったら当分リングから離れる」と覚悟を語り、桝本も「“終わりよければすべてよし”でしっかり締める。ここで勝ってトーナメントの準決勝まで残った誰かと戦いたい」と再浮上を宣言した。

森坂陸
「今年はもう試合がないと思っていたんですけど、今年最後の大会で試合を組んでいただいて感謝しています。(前回の軍司泰斗戦では)判定負けだったんですけど、調子もコンディションもよかったのに完敗で、これでは上には通用しないと思いました。今年はずっと強敵とやらせてもらっていて、年の最後も強敵で終わる感じなんですけど。ここで勝てなければ上にいけないと思って、覚悟を決めて試合に臨みます。負けられない試合です。

(前回の敗因は?)パンチはもちろんなんですけどパワー不足でした。スタミナは問題なかったのでパワーがつけば上に上がれると思いました。(相手の印象は?)僕がKrushに出る前から試合を見ていたんですけど、パワーがすごいなって思うのと、馬力があって打たれ強くて何やっても効かない印象ですね。(どこが勝負のポイントになる?)スピードは自分の方があると思うので、打ち合える思ったら打ち合います。自分のペースで蹴り中心で自分のワールドに入れて、いかに相手を狂わせるかがポイントだと思います。

(負けたらトップ戦線から脱落の試合だが?)もしここで勝てなかったら当分リングから離れようと思っています。次勝てなければ上に行けないと思うし、自分を見直す時間が必要です。勝たないと次はないです。その覚悟で戦います。相手はフックもハイキックも強いけど、僕は目が良いんであまり効かないです。倒れることはないと思います。

 今回は今まで以上に覚悟があって、自分の中で重要な試合・勝負です。覚悟がある試合で気持ちも見てほしいし、今までとは違う森坂陸を見せられたらと思います」

桝本"ゴリ"翔也
「前回(ビクトー・サラビアに判定負け)はダメージも怪我もなくすぐ練習を再開したのでコンディションはいいと思います。ベストなコンディションで挑めるように調整したいと思います。ここ何年も倒せていないのでKOで締めて、“終わりよければすべてよし”でしっかり締めたいと思います。

(前回の敗因は?)上手く詰められなかったというかポイントを取られて逃げられたかなって感じです。(相手の印象は?)仮面をつけて入場して蹴りのスタイルで変わっているかなと思っています。左フックを絶対に当てて、9分間のうち一発は当たると思うので、その一発を当てて倒します。

(負けたらトップ戦線から脱落の試合だが?)同じ大会で同じ階級のトーナメントの準決勝があります。今回の試合に勝って、準決勝まで行った4選手のうちの1人と来年すぐにでも試合をして、前回の負けを取り返したいです。今回はトーナメントとタイトルマッチに負けない熱い試合をして勝ちたいと思います」