2018.11.06

 11月6日(火)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、12月16日(日)東京・後楽園ホール「Krush.96」の追加対戦カード発表会見が行われた。

 vs日本人無敗のジョーダン・ピケオーが王者に君臨するKrushスーパー・ウェルター級。9月大会では日本のホープ・和島大海をくだし、Krush史上最多となる4度目の防衛に成功した。今大会では次なる挑戦の座を狙い、神保克哉とKrush初参戦・平塚洋二郎の一戦が決定した。

 平塚はJ-NETWORKスーパーウェルター級王者であるとともに、「社会体育」を標榜する大道塾で師範代を務める選手。一方、神保は入場コスチュームの特攻服を着て登場。会見はそれぞれのカラーとキャラクターの違いが際立つものとなった。

平塚洋二郎
「押忍、このリングに上がるチャンスを頂いたみなさんにお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございます。神保選手、非常に若くていいですね。私、結構いい歳なんですけど、このルールの経験値は神保選手の方が圧倒的に上ですので、挑戦者のつもりで挑ませて頂きたいと思ってます。

(キックの試合には慣れてきた?)もともと大道塾の試合は素手を想定した殴り方だったんですけど、最近になってやっとバンテージを巻いてグローブを着けた上で相手に効かせるパンチの打ち方を(チーム・タイガーホークの)船木会長のご指導のおかげで身に着けてきたかなと感じております。

(神保の特攻服については)プロのリングですので、こういうのも大事だと思います。私は社会体育をやりますので。今日も仕事をしてから、この後も仕事をして帰ります。(神保の印象は)パンチで前にどんどん来る感じで、若い時はこういうスタイルで来て頂いた方が私も今までいろんな経験をしてきましたので、そういうのをさばいて勝つという分かりやすい図式になっていいんじゃないかと思います。

(ベルトに対する思いは)Krushの流れはあまり分からないんですけど、やっぱりこのルールに挑戦させて頂くからには一番強い人とやりたい=チャンピオンになってくると思いますので、そこを目指してやっていきたいと思います。そこを通過点として、理想の空手を極めたいと思っております。J-NETWORKのチャンピオンとして、大道塾の空手家として必ず勝ちますので、みなさん応援よろしくお願い致します」

神保克哉
「最近KOがちょっと少なくて、1年ぐらいKOしてないんですかね。なので12月16日はKOを見せます。(初参戦の)平塚選手にはKrushの怖さを思い知らせます。

(特攻服を着てきたのは)こないだ中国で試合してきたんですけど、なんか着るなみたいに言われて、もっと世の中に自分のことを知らしめた方ががいいのかなと思って、このフォーマルな格好で来ました。(特攻服に込めている思いは?)生き方っす。

(平塚の印象は)自分、平塚選手を全く知らなくて、もし試合映像とかあったらK-1ジム目黒に送って頂けたら嬉しいです(笑)。なんか素手の殴り合いが得意みたいなので、自分も素手の殴り合いは得意なので楽しみです。

(中国での試合を経験して)やっぱり強い選手はどこでもモテますね。中国でも勝ったらすごい女の子受けがよくて、どこでもやっぱり、強い人はモテるんだなって実感しました。もう世界共通で行こうかなと思ってます。

(ベルトに対する思いは)ピケオーはほんと誰にも負けていないので、ここで俺が勝ったらすげぇ面白いんじゃないかと思ってるし、自分マジで最終兵器だと思ってるので、ピケオーに挑むんで楽しみにしてください。12月16日は自分がKrushするので楽しみにしていてください」