2018.11.06

 11月6日(火)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、12月16日(日)東京・後楽園ホール「Krush.96」の追加対戦カードが発表された。

 スーパー・フェザー級で郷州征宜と山本直樹の一戦が決まった。郷州は今年3月の「K'FESTA.1」の第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント準決勝で武尊にKO負け。6月のKrush後楽園大会では島野浩太朗に敗れて王座陥落となり、9月のK-1さいたま大会でもスアレック・ルークカムイに敗れて3連敗を喫している。今回は連敗脱出をかけた一戦となった。

 一方の山本は3月Krush後楽園大会の次期挑戦者決定戦で島野に敗れたものの、7月の日本vs中国対抗戦でワン・ジュンユーに勝利。10月の友尊戦では1RKO勝利と、郷州とは対照的に上り調子の中で今回の試合を迎えた。

 同大会では島野vs大岩龍矢のタイトルマッチ、西京佑馬vsアリ・ザリンファーを含めて、スーパー・フェザー級の試合が3試合組まれており、誰が勝利とインパクトを残すかも大きなテーマとなる。

山本直樹
「郷州選手はKrushのチャンピオン経験者で強豪選手です。ここで勝てばKrushのタイトルに近づくと思うので、そのためにも何が何でも勝ちたいと思います。(郷州の印象は?)Krushのチャンピオンになった大きな選手で、ファイターとしては打たれ強い印象です。試合が決まった時はビッグチャンスだなと思いました。

(前回の試合で掴んだ手応えは?)昔から蹴りが武器と言われていたのに、パンチで倒せて自信がつきまいた。パンチでも蹴りでも倒せるように仕上げていきたいです。今回、タイトルマッチ(島野vs大岩)はもちろん盛り上がると思うんですけど、それに負けないくらいの試合をしたいと思います(ファンの皆さんへのメッセージは?)何が何でも勝って、最高の結果で今年最後のKrushを締めたいと思います」

郷州征宜
「私は今連敗中で前回の試合では自分らしさを見せられませんでした。今年最後のKrushでは自分らしい姿を見せて、絶対に勝ちに行きます。(山本の印象は?)上手いという感じですね。友尊選手に勝った試合も見ましたが、上手い選手で畳みかける時は畳みかける本当に強い選手だと思います。ただ私もこんなところで負けていられないので絶対に勝ちます。

(3連敗について)一言で言えば応援してくれる方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです。私は同じ境遇(難聴)の子供たちに『諦めなければ夢がかなう』と言い続けるているのに、もし諦めたらそれを言うのが難しくなります。同じく境遇の子供たちの見本になれるように、もっともっと頑張ろうと思います。こんなところで諦めてはいけないというところを見せたいです。

(連敗脱出のために練習で気をつけていることは?)私はただ打ち合うだけじゃなくて、もっと頭を使った方がいいと言われています。でもそれで結果を出せなかったので、また(梶原)龍児さんと話して、自分のファイトスタイルの確立を目指していきたいです。

 私は現王者の島野選手に負けているので、負けたままでは終われません。タイトルマッチよりも面白い試合をして絶対に勝ちます。今大会はタイトルマッチがあったり、王座決定トーナメントもあっていいカードが揃っています。その中で一番盛り上げる試合をして、死に物狂いで勝利をつかむ姿を見せたいです。今年最後のKrushぜひとも応援にいらしてください」

 激戦区スーパー・フェザー級で勝ち進むのは郷州か?それとも山本か?