2018.10.18

 10月18日(木)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、12月16日(日)東京・後楽園ホール「Krush.96」の第1弾対戦カードが発表された。

 6月のKrush後楽園大会で郷州征宜を下して、第7代スーパー・フェザー級王座に就いた島野浩太朗の初防衛戦が決まった。挑戦者は昨年からスーパー・フェザー級に階級を上げ、2018年は4戦4勝・2連続KO勝利中の大岩龍矢だ。

 会見では「今年絶対にベルトを獲ると言って、このタイミングでタイトルマッチが決まって最高の気分」という大岩が「島野選手は拳が硬くて気持ちが強そう。でも打たれ弱い印象があるんで、自分のパンチが当たれば倒れる」と島野をKO宣言。

 迎え撃つ島野は「半年ぶりのKrushが防衛戦で気持ちのスイッチが入っている」と気持ちの入った言葉で挨拶し、大岩のKO宣言に対しては「そうなる前に一発当てて終わらせる」と譲らない。

 また「タイトルを守る・獲ったあとの展望は?」という質問があがり、大岩が「この試合は通過点。目標はK-1チャンピオン」と言い放つと、島野は「僕にとってはこの一戦がすべて。先ではなく防衛戦にすべてをぶつける」と大岩とは180度違う違う言葉で防衛戦への意気込みを語った。

大岩龍矢
「今年絶対にKrushのベルトを獲ると言って、このタイミングでタイトルマッチが決まったのはみんなのおかげで、最高の気分です。2018年最後のKrushでKOして、しっかり締めようと思います。(対戦相手の印象は?)拳が硬そうなのと一発があって気持ちが強そうな印象です。でも打たれ弱い印象もあるんで、自分のパンチが一発当たれば倒れるかな思います。

(タイトルマッチへの思いは?)僕はKrushのベルトを撮ることが目的で上京しました。2年前に名古屋大会でタイトルマッチをやった時(※当時フェザー級王者だった小澤海斗に挑戦して判定負け)、たくさんの応援が来た分、ベルトを獲れなくて悔しかったです。でもその悔しさがあるからこそ頑張れたし、気持ちも上がりました。今の僕はあの時よりも強くなっているし、強い自信もあるんで、死ぬ気でベルトを獲りに行きたいです。

(盟友の武尊選手から何か言葉はあった?)武尊とはいつも一戦一戦話をしていて、タイトルマッチが決まったと報告したら『全然勝てるよ!』と言われたし、チャンピオンになったら一緒に写真をとろうと言われました。(ベルトを獲ったあとの展望は?)僕はこの試合を通過点としか見ていません。目の前にある形があるもの(ベルト)を巻いて、次の目標も決まっています。自分はK-1チャンピオンを目指して頑張りたいと思っています。

(ファンのみなさんへのメッセージは)タイトルマッチが決まったのも応援してくれるみなさんのおかげです。みなさんの応援のおかげで、ここ(会見)に座っています。必ず島野選手を倒してベルトを巻くので、その姿を見に来てほしいです。ファンのみなさんにはこの試合のことをたくさんSNSで拡散してもらって、みなさんからの応援メッセージがモチベーションになります。たくさん応援よろしくお願いします」

島野弘太朗
「半年ぶりのKrushが防衛戦で気持ちのスイッチが入っています。この試合が2018年のKrush年内最後の勝負になるかもしれないということで特別な想いがあります。最高の準備をしたいと思います。(対戦相手の印象は?)パワフルで安定感もあって。好戦的なKrushらしい試合をする選手だと思います。大岩選手からは『打たれ弱い印象もあるんで、自分のパンチで倒れる』と言われましたけど、そうなる前に一発当てて終わらせようと思います。

(初防衛戦の心境は?)ずっとKrushのベルトを目標にやってきて、ベルトを巻くことができましたけど、戦いに終わりはないと思いました。スーパー・フェザー級は強い選手が多い階級なので、次の防衛戦に向けて準備しようと思って、ずっと気持ちを切らさずにやってきました。

(菅原会長からは何か言葉はあった?)たくさん言葉をかけてもらいました。Krushのベルトはゴールでも終わりでもないです。僕はデビューからたくさん色んな経験をして、それがベルトにつながりましたけど、まだまだ自分の気持ちを戦いの場で見せたいと思っています。それを会長も分かっているので、6月の時の気持ちのまま次に向けて動いています。

 初防衛戦をクリアすることで本物のチャンピオンとして認められると思うし、僕は6月に死ぬ気でベルトを獲りに行きました。今回は死んでもベルトを守りに行きます。(ベルトを防衛したあとの展望は?)まずはベルトを守ることをクリアして、リングに生き残ることを考えています。僕にとってはこの一戦がすべてです、先ではなくて防衛戦にすべてぶつけます。Krushは11月に10周年を迎えます。この10年間最高に盛り上がっているKrush2018年のラスト、すべてをぶつけて防衛したいと思います」