2018.09.29

 9月29日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホール「Krush.93」の前日計量・記者会見が行われた。

 いよいよ明日から開幕となる第6代Krushスーパー・バンタム級王座トーナメント。YouTube Live番組「K-1 WEDNESDAY CHANNEL」で K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者・武居由樹が「トーナメントの優勝者ともやってみたい」と発言して注目度が増す中、明日の1回戦を戦う椿原龍矢vs亀本勇翔、軍司泰斗vs森坂陸の4選手が会見に出席し意気込みを語った。各選手のコメントは以下の通り。

軍司泰斗
「減量はいつも通りきつかったですけど、再起戦ということもあるんで、明日は良い勝ち方して復活を印象付けたいです。(今回の試合に向けてどんなことに力を入れて練習してきた?)スタミナもそうですけど、パワーを中心に鍛えてきました。もう守るものも何もないので、1Rから行こうかなと思ってます。(ベルトやトーナメントにかける意気込みは?)僕はバンタム級のチャンピオンだったし、8選手の中で一番注目されているのは分かっています。それにふさわしい試合をしないといけないので、明日はしっかり結果を出せるようにしたいと思います。

(武居のコメントについて)僕はずっと武居選手とやりたいと言っていたので、ここでしっかり優勝して、なおかつどんな試合を見せるかも大事だと思ってます。今のままじゃまだ(武居選手には)勝てないと思ってるので、そこまでにしっかりレベルを上げて武居選手に挑めるようにしたいです。(ファンに向けてメッセージは?)僕にとっては初戦が大事な再起戦でもあるので、しっかり勝って、なおかつどんな試合を見せるのか楽しみにしててください。1回戦で勝って、どんどんレベルアップして優勝までつなげたいです」

森坂陸
「今回は凄い調子良くて、減量も成功してリカバリーも良い感じです。明日の試合が凄い楽しみです。(今回の試合に向けてどんなことに力を入れて練習してきた?)パンチ強化は当たり前で、さらに上半身強化もやってきて、やっと身体が出来てきたかなという状態です。前回凄いオーバーワークしちゃって、身体が疲れた状態で試合をしてしまったのが駄目だったので、今回は減量方法を変えて、いかにリラックス出来るかを考えて上手い具合に落としてきました。

(ベルトやトーナメントにかける意気込みは?)明日の1回戦が自分の中では決勝戦だと思っています。明日事件を起こして勝てば、12月の準決勝はどっちが上がってきても僕にリベンジ戦になるんで気は楽です。何を打たれても俺は倒れる気しないんで、俺も倒しにいくつもりで明日は頑張ります。注目してください

(武居のコメントについて)ちょっとそれはヤバイかなって感じがしましたね(苦笑)。武居選手はかなり強い選手で、今の自分じゃ絶対勝てないって現実を見ている状態なんで。でも優勝すれば武居選手と並ぶぐらいの実力を持っていると自分で自覚出来ると思うんで、優勝できたらぜひやらせていただきたいなと思います。(ファンに向けてメッセージは?)今回からスポンジ戦法という方法で減量してきたんですけど、そのおかげで凄く身体の調子も良いです。明日は100人中100人が俺が負けると思っていると思うんですけど、しっかり事件起こして準決勝に上がって、最後は12月に決勝に行って番狂わせを起こしたいです」

椿原龍矢
「しっかり練習してきて準備はバッチリなんで、明日の試合を楽しみにしといてください。(今回の試合に向けてどんなことに力を入れて練習してきた?)サウスポー対策はもちろんなんですけど、明日のメインに一緒のジムの和島(大海)さんが出るんで、僕が流れを切ってしまわないように、しっかりつなげられるようにレベルアップしてきました。

(ベルトやトーナメントにかける意気込みは?)Krushのベルトはめっちゃ欲しいし、1試合・1試合確実に強くなっていって、自分がベルトを巻いてる時には『強いチャンピオンが出てきたな』と思われるようになりたいです。

(武居のコメントについて)Krushのチャンピオンになって、K-1のチャンピオンとやれるというのはめっちゃ嬉しいし、向こうがそう言ってきてくれてるんやったらラッキーって感じですね。しっかりベルトを巻こうと思ってます。(ファンに向けてメッセージは?)1回戦から注目してもらって、準決勝・決勝と強くなっていく姿を見てもらいたいです」

亀本勇翔
「バッチリ仕上がったんで明日の試合が楽しみです。(今回の試合に向けてどんなことに力を入れて練習してきた?)今回から新しいことも色々試してみて、その成果が試合でどう出るか自分でも楽しみです。明日の試合を見たもらったら分かると思うんですけど、今の僕は強いです。

(ベルトやトーナメントにかける意気込みは?)ベルトに対する想いは日頃から言っていますし、このトーナメントは1回戦も含めて全てタイトルマッチだと思ってます。自分の中で大一番として捉えてます。

(武居のコメントについて)トーナメントで優勝して自分の口から言いたかったですけど、KrushチャンピオンになったらもちろんK-1のチャンピオンとやりたいんで、その発言は嬉しいですね。(ファンに向けてメッセージは?)明日の試合は全力で戦って絶対に勝ちます。このまま優勝して、来年3月の「K'FESTA.2」で武居選手と戦うところまで行きたいと思っています」