2018.08.06

 8月6日(月)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホール「Krush.91」の一夜明け会見が行われた。

 対戦相手の交通事故による負傷欠場で急遽、K-1アマチュア全日本王者の迅也と対戦した瑠久。1Rこそ動きが硬かったものの、2Rにストレートで迅也をKOし、プロ無敗・4連勝を飾った。

 一夜明け会見で瑠久は「最初に安東選手との対戦がなくなったって聞いて、その時に一気にモチベーションが下がったんですけど、相手が迅也選手に決まって、相手がプロデビュー戦で、その相手が俺って聞いて、ぶっ倒さないと思って一気にバイブスが上がりました。最初のラウンドはけっこう距離感とかが分からなくなって力んじゃいましたけど、2ラウンドにしっかりパンチ当てて倒すことが出来て良かったです」と試合を振り返る。

 続いて木村“フィリップ”ミノルが新王者となった昨日のタイトルマッチの感想を聞かれ「フィリップ選手、マジでハンパないなって思いました。リングの上ではフィリップ選手とやれるぐらいになってやるって言ったんですけど…でも言ったことは絶対実現させて、フィリップ選手からベルトを獲ってやろうと思ってるんで。俺もどんどん強い相手と宮田さんに組んでもらって、それで俺は絶対強くなっていくんで」と強豪とのマッチメイクを宮田プロデューサーにアピール。

 宮田プロデューサーが「ウェルター級は休んでいる選手もいたり、木村くんと同門の松岡(力)くんも面白い。当然キャリアが上の選手とやらせてみたいですね。すぐに試合を組みたいです」と返答すると「安東選手と試合が決まっていた時は“オジサン退治”がテーマだったんで、元チャンピオンでもキャリアのあるオジサンたちでも全員ボコボコにして、自分の時代にしていきます」とビッグマウスを炸裂させた。