2018.08.06

 8月6日(月)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホール「Krush.91」の一夜明け会見が行われた。

 第2試合で行われたヘビー級の一戦で俊雄を2RKOで下し、ヘビー級らしいド派手なインパクトを残した愛鷹。しかし一夜開け会見では「結果はKO勝ちで、KOで勝つという目標は達成できたんですけど、会長から(100点満点中)2点という採点を受けました」と苦笑い。

 続く質疑応答でも「練習ではミドルキックも蹴り込んでいたのに1発も蹴れませんでしたし、試合内容には納得していません。サウスポーと初めてやらせてもらったんですけど対策が甘かったかなという点がありました。映像で何度か俊雄選手の試合を見たんですけど、その時よりも身体を絞ってきていて、ミドルも蹴りも思ったよりも(威力が)あって。そこで1Rは流れが上手くつかめていなかったのかなというところでした」と反省しきりで、唯一「ずっと左ストレートは練習していて、それが出てKO出来たことは良かったかなと思います」とフィニッシュにつながる左ストレートには手応えがあったようだ。

 9月のK-1さいたま大会からヘビー級の一つ下にあたるクルーザー級(-90kg)がスタート。これまでヘビー級で戦ってきた多くの日本人ファイターが階級を下げる傾向にあるが、愛鷹は「90kg以下というのは日本人の重量級の体系にあった階級ですし、外国人相手に勝つ可能性の高い階級になってくると思います。でも自分が格闘技を始めたきっかけは大きい外国人が戦っている姿を見てかっこいいという憧れを抱いたからです。僕自身ヘビー級でデビューして。単純な考えですけどデカい中で一番強いやつが強いというポリシーがあります」とこれからもヘビー級で戦っていくことを明言。

「僕は日本人の中でも背が小さい方だし、外国人の中に入るともっと小さくて、オランダのメジロジムで練習したときも圧倒されました。でも不可能な世界ではないのかなと感じてきました。今の状態では厳しいかもしれませんが、今のままでいるつもりはないですし、これから練習して強くなります。みなさんヘビー級で勝っていくことは無理と思うかもしれませんが、その壁を壊すのが自分の役目なので応援よろしくお願いします」とヘビー級の日本人ファイターとして世界の壁を壊すと宣言した。