2018.08.06

 8月6日(月)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホール「Krush.91」の一夜明け会見が行われた。

 第4試合で剣闘士"俊"との延長戦までもつれる接戦に勝利した明戸仁志。今回はK-1ジム恵比寿の代表として初めて臨んだ試合かつ連敗脱出にも成功したことで「ジムの後輩たちが活躍していて、自分も刺激をもらって、勝ててよかったと思いました」。そのうえで「これからの課題や弱点や克服することが分かった試合だった」と語り「次はいいパフォーマンスが見せられると思うので、完全復活してジムも選手も盛り上げていきます」と再浮上を誓った。

「久しぶりに試合をして何とか勝ったんですけど、これからの課題や弱点や克服することが分かった試合でした。反省点の多い試合で、K-1ジム総本部チームペガサスのみなさんと剣闘士選手には自分の課題を教えていただいて感謝しています。剣闘士選手はタフで前に出てくるタイプで、クリーンヒットの数は自分の方が多いのは分かっていたので、そこでジャッジの票が入ったのかなと思います。
(ジムの代表になって変わったことは?)ジムの後輩たちが活躍していて、自分も刺激をもらって、勝ててよかったと思いました。でも今の課題を克服して次の試合につなげていければなと思います。年齢も30代になって、20代の頃とは気持ちが変わってなくても体が変わっているなと思って。昔だったら減量も試合前にポンと体重を落として、すぐ回復して試合ができていたのが、今はそうはいかなくて。

 今回は2週間で10kg落としたんですけど、計量が終わって倒れてしまって…スタッフのみなさんにも迷惑をかけてしまいました(苦笑)。これから試合前の調整の部分やリカバリーを考えないといけないし、試合後に『本当の自分はこんなんじゃないよな』って思いました。次はいいパフォーマンスが見せられると思います。完全復活して、ジムも選手も盛り上げていきます」