2018.08.06

 8月6日(月)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホール「Krush.91」の一夜明け会見が行われた。

 セミファイナル(第6試合)で水町浩を宣言通りの1RKOで下し、大きなインパクトを残した林健太。一夜明け会見では得意のパンチだけでなく蹴りも意識して戦っていたことを明かすと、以前から熱望している現ライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレックへの挑戦をアピール。さらに「そろそろK-1にも出してくれると思うので、K-1でもアピールしていきたい」とK-1再出撃を誓った。

「前日会見で水町選手に『1R半ばから2Rにかけて倒すので、時間を気にして倒れてください』と言ったら、その通りに倒れてくれてよかったです。(昨日の試合は蹴りがよく出ていたが?)そこが一番気づいてほしかったところです(笑)。本当はもっと丁寧にジャブを突いて感触を確かめて、それから蹴っていこうと思いました。ただしっかりジャブを打ち込めなくて(指導を受けている)井上真吾さん(※井上尚弥の父)も試合を見に来ていたんですけど、申し訳なかったです。これからもっとジャブを当てて蹴って、パンチで倒すという良い組み立てが出来ると思うし、もっと上のレベルと戦えると思いました。

(記者会見では水町のコメントに押されていたが?)みんなYouTubeのコメント欄で水町選手のことをベタ褒めしていて『そんな面白かったかな?』と思いました(苦笑)。しっかり倒せたので見返せたかなと思います。(ゴンナパー戦に敗れてから無敗だが?)ゴンナパーは強いと思っていたんですけど、思ったより早くゴンナパーに負けちゃって。ゴンナパーにリベンジしないと僕がゴンナパーにKOされたシーンは永遠に使われると思うので(苦笑)、早くやり返したいです。このまま負けなしでいけば、そろそろやれるんじゃないかなと思います。あとはそろそろK-1にも出してくれると思うので、K-1でもアピールしていきたいです」

 会見に同席した宮田充プロデューサーは「林くんは中国遠征でウェイ・ルイとも対戦しています。超強豪に倒されても、そこで強さを身につける選手で、ゴンナパーに負けてから強くなっているのがいいなと思います。倒すと明言して倒せるのもすばらしいですし、K-1のスーパーファイトで戦うに相応しい実力と華もあると思います。12月にはK-1大阪大会もあるのでぜひ注目してください」と期待の言葉をかけた。