2018.07.23

 7月23日(月)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホール「Krush.90」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の大会で行われた日本vs中国・7対7全面対抗戦は6勝1敗で日本チームが勝利。昨日の大会を含めて、これまで日本・Krushと中国・武林風の間では合計4回の大規模な対抗戦が行われてきたが、初めて日本(Krush)が勝ち越しを決める結果に終わった。会見には対抗戦に出場した合計13選手(※高木健太は試合で腕を負傷し、病院で診察を受けているため欠席)が出席。それぞれ試合を振り返り、今後の目標を語った。

山本直樹
「昨日は沢山のサポートと応援ありがとうございました。試合内容は途中で失速してしまって、見苦しい姿を見せてしまって申し訳なかったです。気持ちの強いワン・ジュンユー選手に延長で勝てたことは良い経験になりましたが、まだまだ足りないところが沢山あるんで、しっかり優弥と話し合って、次は倒しきれるようにやっていきたいと思います」

ワン・ジュンユー
「昨日の試合は自分の気持ち的にも、自分の力を出し切ったとは思っていません。機会があれば山本選手と再戦したいと思います。中国に戻ってテクニック・スピード・フィジカル…より一層厳しい練習を積んで自分を鍛えたいと思います」

鈴木勇人
「昨日は勝つことが出来てほっとしています。対戦相手のジン・イン選手は凄く気持ちの強い選手で、僕も試合中凄く熱くなりました。昨日は試合をしていて凄く楽しかったです」

ジン・イン
「昨日の試合は100%の状態だったとは感じていなくて、もっと自分の力を出せたんじゃないかなと思います。私も機会があれば鈴木選手と再戦したいです。昨日の試合で自分の弱点をたくさん学ぶことができました。すべての面で強くなれるように力を入れて練習したいと思います」

レオナ・ペタス
「昨日は応援ありがとうございました。そして中国からわざわざ来ていただいた全選手、ありがとうございます。試合は勝てたんですけど、見てのとおり左目も腫れちゃって、本当に強いなって、試合中に初めて負けるかもしれない思いました。(対戦相手のジャオ・チョンヤンは)世界のトップクラスの選手だと思うんですけど、その中で勝つことが出来て凄く良い経験になったかなと思います。

 僕の中で自分が一番レベルが高いと思っているのは防御力なんですけど、その防御力よりも相手の攻撃力の方が強くて(自分の防御を)破られそうになりました。でも倒しにきているということは、隙を突くチャンスがあると思っていました。それでここまできたら気持ちの勝負だと思っていたので、前に出て良いのを当てれば倒せると思いました。その中で良いのを当てて、それがKOにつながったかなって感じですね。

(昨日のマイクアピールで対戦を希望していたのは安保璃紅?)僕は今のチャンピオンの島野浩太朗選手にも安保選手にも負けていますが、直近で負けてるのは安保選手なんで安保選手とやりたいと思いました。まあ別に誰が相手でも僕の方が強いんで、Krushさんが組んでくれる選手だったら、誰とやっても良いかなと思ってます。目に見えるもの(ベルト)があった方が良いとは思うんですけど、それは遅かれ早かれ、もう実力的にも獲れると思うんで。あとはファンのみんなが見たいカードとか、そういう選手を倒していってって感じですね。僕が一番強いと思ってるんで、誰とやっても良いかなと思います」

ジャオ・チョンヤン
「昨日は自分が勝つことばかりを考えて空回りした部分がありました。そのミスをついて倒されたと思っています。これから試合映像を見返して、自分に何が足りなかったのか?に重点を置いてトレーニングしたいと思います。ファン・関係者のみなさんには感謝したいと思います」

フー・ガオフォン
「対戦相手の高木選手が試合で腕を怪我して病院に言っていると聞いて、この場をお借りしてお詫びしたいと思います。昨日の試合で自分のすべてをお見せ出来たとは思っていません。自分が何ができるのかを日本のファンにもお見せしたいと思います。また日本に戻ってきて、日本のみなさんに自分の試合を見てもらいたいと思います。昨日の対抗戦は1勝6敗で中国勢が負けてしまって残念です。でも気持ちで負けたとは思っていないし、われわれが勝っている部分があると思います。これから改善すべき点を見返して、次回チャンスがあれば次は中国チームが勝てるように頑張りたいと思います」

左右田泰臣
「前日の記者会見で髪切りマッチが却下される件があってモチベーションを上げるのがきつかったですけど、とりあえず勝ててほっとしました。昨日は師匠の大宮司(進)さんと作戦を立てて、KOするなら左ボディと決めていたので、それが形になって良かったなと思います。ただ2Rが始まる前にゴーサインが出た時、粗くなった・固くなったことが課題かなと思いました。

(左右田から締めを任された塚越仁志選手のマイクの感想は?)僕はそのまま控え室に帰っちゃったんで、改めて家で映像を見ました。去年の12月、牧平(圭太)選手との防衛戦の前に“棒読み事件”があったので、そういう感じで終わるのかなと思っていたら『左右田さんが髪を守ったので、僕はベルトを守ります』と…何上手いこと言ってんだと。そういう意味でもベルトが彼を成長させてくれたのでしょう」

モン・グォドン
「左右田選手は非常に強い選手でした。試合を通してどこがいけないのか欠点が分かったので、それを直して次の試合にチャレンジしたいと思います」

佐々木大蔵
「昨日は暑い中会場にお越しいただきありがとうございます。勝負事なので勝敗はつくんですけど、それ以上に普段交わることのない中国の選手と一緒に試合が出来たことは、僕にとっても凄いプラスですし、日本と中国にとってもプラスになるのかなと思います。ワン・ジーウェイ選手とは試合をしていて個人的にも凄い楽しめました。この年に1度の対抗戦が恒例となり、僕も毎年出られるように、また来年呼ばれるように頑張りたいと思います」

ワン・ジーウェイ
「昨日の結果は遺憾に思っております。また日本で戦うチャンスをもらえるなら、日本に来て試合をしたいと思います。昨日の試合で攻撃力をパワーアップさせなければならないと思いました。そこを修正して次戦に備えたいと思います」

卜部弘嵩
「シェンジェン選手は本当にタフでとても良いファイターだと思いました。その中で最低限の仕事は出来たかなと、今はほっとしています。(フェザー級転向への手応えは?)実際に戦ってみて、スピード、スタミナが落ちることもなく、それと同時に改善点もあって、色々なことが見えた試合だったんじゃないかなと思います」

シュエ・シェンジェン
「やはり弘嵩選手は強かったです。試合の中でどこが駄目だったのかのウイークポイントを見つけました。そこを克服して、また日本で試合をしたいと思います。パワーとパンチ力をあげていかなければいけないので、そこを練習したいと思います」

 

選手登録