2018.07.09

 7月9日(月)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、8月18日(土)名古屋国際会議場イベントホール「Krush.92 ~in NAGOYA~」の変更・追加対戦カードが発表された。

 KO必至の一戦、平山迅vs海斗のウェルター級戦が名古屋大会で決まった。平山は“反逆のハードヒッター”の異名を持ち、これまで数々の激闘を繰り広げてきたファイター。3月「K'FESTA.1」での木村"フィリップ"ミノル戦ではスリリングな打ち合いで会場を沸かせると、5月のKHAOSでは小鉄を右フック一発でマットに沈めて存在感を見せつけた。一方の海斗はこれまでの戦績が6戦5勝(4KO) 1敗という攻撃力が売りの新鋭。これまではプレリミナリーファイトを中心にキャリアを積んできたが、名古屋大会で待望の本戦初登場を果たす。

 会見に同席した佐藤嘉洋・大会実行委員長も「海斗選手はプレリミナリーファイトで結果を出してきて、平山選手も大舞台でしっかり魅せる戦いができる稀有なファイターです。2人ともKrushファイターらしい戦いを毎回見せてくれてますし、実行委員長としてもKO以外は想像できないカードだと思います」と激闘派同氏の2人の対戦に期待大。

 会見でも平山が「12月のK-1大阪大会に出たいので、がむしゃらには倒しに行かない。力をセーブしながらしっかり痛めつけてKOじゃなくて判定勝ちする」と上から目線で言えば、海斗も「判定勝ちして怪我しんと終わるどうこう言っていますけど、舐められてんのかな?と思います。絶対に怪我さしてやろうと思う」と一歩も引かずに舌戦を繰り広げた。

海斗
「Krushの名古屋大会に出たいと言っていて、こうして出してもらえてありがとうございます。今回の相手は今までで一番強いと思うので、しっかり倒して勝ったら大阪大会でもええところでやれると思います。気合い入れて練習して、みんなKO決着を見たいと思うのでバチバチにいわしたります。(相手の印象は?)タフでパンチあるなって感じですね。ただパンチだけ気をつければいいかなって感じなんで、パンチかヒザ蹴りをカウンターで合わせようと思います。

(ファンに自分のどこを見てもらいたい?)僕は気持ちしかないと思っているので。相手は判定勝ちして怪我しんと終わるどうこう言っていますけど、舐められてんのかな?と思います。絶対に怪我さしてやろうと思います。(平山の一連のコメントを受けて)無傷で勝つとかありえへん。試合やったら分かるんやろ? だったら試合まで黙っときますわ。判定まで頑張ってください。(ファンのみなさんへのメッセージは?)自分は滋賀県出身で地元が名古屋に近いので、いつもよりたくさんの人が応援に来てくれるち思います。いい試合を見せられるように全力で頑張って絶対に倒します。絶対です」

平山迅
「自分は今年28歳ですし、そこまで先が長くないというのいうのもあります。でもまだまだ若いやつに負けられないという気持ちが強いので、ここで息の根を止めたろうと思います。(相手の印象は?)若いのでテクニックではなくて、アグレッシブで勢いがある印象ですね。(海斗選手はかなり自信を持っているが?)戦うのに自信ないとダメなんでああいうコメントもあると思うけど…今回はKOじゃなくて判定まで持っていったろうと思います。(なぜ判定勝ち?)自分は絶対に12月のK-1に出たいんで、がむしゃらにいくと怪我しちゃうんで、力をセーブしながらしっかり痛めつけようと思います。

(海斗の『絶対に怪我さしてやる』発言について)俺は試合で勝つ時は無傷で勝つ。過去の試合を見たら分かるやろ? 今回も試合やったら分かる。(ファンのみなさんへのメッセージは?)Krush名古屋大会は初めてなんで、名古屋のKrushファン・K-1ファンを全部持って帰るつもりでやります。佐藤・実行委員長に『平山選手の入場はプロ級のダサさ』と言われたので、今回は入場でも試合でも魅せて俺の日にしたいと思います」

 記者会見からバチバチの対抗意識をぶつけ合った平山と海斗。佐藤実行委員長の言葉通り、これぞKrushという激しい壊し合いになること間違いなしだ!

 

選手登録