2018.07.01

 7月1日(日)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホール「Krush.89」の一夜明け会見が行われた。

 トリプルメインイベント第2試合でタイトルマッチが行われたバンタム級で出貝泰佑と対戦した隼也ウィラサクレック。出貝の独特のリズムに苦しめられ、ペースを掴めないまま試合が進んだものの、延長ラウンドに判定2-1で辛くも勝利をもぎとった。

 一夜明け会見では「ジムの先輩たちが出貝選手に負けているんですけど、その理由が分かりました。めちゃくちゃやりづらかった」と試合を振り返り「新チャンピオンになった金子選手は何でもできて強いと思うけど、もしやったら勝つ自信があります。タイトルマッチお願いします!」と新王者・金子晃大に挑戦状をたたきつけた。

「昨日の試合は相手の作戦が上手くて、めちゃめちゃやりづらくて、いつもの自分のスタイルが潰されていました。ウィラサクレックジムの先輩たちが出貝選手に負けているんですけど、その理由が分かりました(苦笑)。それでも勝ったことは大きいと思うし、とりあえず勝ててよかったと思います。

(具体的にはどこがやりづらかった?)距離が全部潰されていたので、そこが一番やりづらかったです。本戦が終わった時にセコンドから『延長になるよ』と言われて、ここ(延長)でいかなかったから負けると思って、延長はとったかなと思いました。

(苦戦した中で勝てた要因は?)延長の時にちょっとだけミドルも入るようになってきたので、そこで(距離が)掴めたのかなと思いました。(バンタム級タイトルマッチを見た感想は?)どっちも強い選手で、金子選手がチャンピオンになったんで、早くタイトルマッチをやりたいので頑張ります。

(新チャンピオンになった金子の印象は?)パンチが強い印象があるんですけど、基本的に全部できる選手という印象があります。(金子と戦って勝つ自信は?)あります。やりたいです。(宮田充プロデューサーに)お願いします!次は自分がベルトを獲りに行くので応援よろしくお願いします」