2018.07.01

 7月1日(日)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホール「Krush.89」の一夜明け会見が行われた。

 トリプルメインイベント第1試合で挑戦者443(よしみ)との初防衛戦に挑んだ女子アトム級王者の松下えみ。試合では序盤から「練習していた」という左ミドルを織り交ぜたコンビネーションで443を攻め込み、持ち前の手数と前進力で最後まで攻め続けてベルトを防衛した。

 一夜明け会見では「初防衛戦でベルトを守ってホッとしている」と安堵の表情を浮かべ「初代王座決定トーナメントに出ていた選手を全員倒して、ベルトを防衛できて自信もついた。もっと強い相手と戦って上の舞台にいきたい」と更なる飛躍を誓った。

「静岡県三島市のT-KIX GYMの松下えみです。初防衛戦でベルトを防衛できてホッとしています。たくさんの応援に感謝しています。(試合を振り返って)序盤は距離をとっていこうと思って、相手の攻撃をかわしながら自分の攻撃や蹴りが入って、自分のペースで戦えました。途中からは思ったよりパンチ自体が効かないと分かって、前に行くところは前に行きつつも、ミドルキックを意識したのが良かったと思います。

(蹴りはずっと練習していた?)Krushでの私の試合はパンチが目立つかもしれませんが、練習では左ミドルが出るので、距離を意識してやりました。またボディも効くと思ってミドルを出していました。もっと練習していたことがたくさんあって、それが出なかった反省点はあるんですけど、一つでも練習でやってきたことを出せたのは、少しだけでも成長できたかなと思います。

(防衛できた心境は?)初防衛戦はプレッシャーもある・難しいと言われる中でベルトを防衛できて、ただただホットしています。チャンピオンの責務を果たして、しっかり防衛できたことに安堵しています。

(周りのみなさんからの反応は?)2・3Rに大声援を受けて『よかった』と言われて、私がやりたい戦い方も見せられてよかったと思います。試合が終わってからメッセージも途切れることなくいただいて『勇気をもらえた』やジム以外の子供たちからも声かけてもらえてうれしかったです。(王座を防衛しての目標は?)今回初代王座決定トーナメントに出ていた選手を全員倒して防衛して自信もついてきました。強い相手と気持ちよく打ち合って、相手や試合展開もコントロール出来るようになりたいと思っています。もっと練習していることを試合で出して、強い相手と戦って上の舞台に行きたいです」