2018.06.29

 6月29日(金)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホール「Krush.89」の前日計量・記者会見が行われた。

 トリプルメインイベント第3試合でタイトルマッチ(王者・郷州征宜vs挑戦者・島野浩太朗)が行われるスーパー・フェザー級で前王者の安保璃紅と覇家斗が激突する。

 今回から「team ALL-WIN」所属として新たなスタートを切る安保は「新しい気持ちで目立ってやろうと思って気合いを入れました」と髪の毛を染めて、えんじ色のスーツで登場。「久しぶりのKrushでめちゃくちゃワクワクしているので、このワクワクを全部試合にぶつけたい」と約9カ月ぶりとなる再起戦を控える心境を語る。

 活動拠点を関西へ移し、練習環境も一新しての試合となるが「毎日もう(練習を)やりたくないと思うくらい練習がきつくて、それでもやれるだけのことはやってきました。出稽古で対人練習もたくさんやってきたので、新しい安保璃紅が見せられると思います。兄の瑠輝也と試行錯誤してやってきて、倒せる武器を一杯作ってきたので、それも見に来てください」と進化した姿を見せると意気込む。

 また安保はかつて自分が巻いていたKrushスーパー・フェザー級のベルトについても言及。「自分も前チャンピオンなんでベルトへの想いはあります。僕はこれから次へ次へいきたいので、この試合は勝つしかないです。ベルトへの想いは終わりません」と王座返り咲きも視野に入れている。

 一方、前王者の安保に挑む形の覇家斗も「仕上がりはすごく良くて、安保選手に勝つために毎日必死に追い込んできました。しっかり勝ちをつかみ取って、自分の夢であるKrushチャンピオンに一歩でも近づくために、勝ってタイトルマッチに行きます」と力強い挨拶。

「安保選手にはダウンを取らないと勝ちは難しいと思うので、自分の武器であるパンチを見せたいです。あとは他にも倒す武器はすべて用意してきたので、当日どうなるかは分かりませんが、そんな感じで(色んな技を使って)戦います。あとは安保選手の試合映像もたくさん見て、頭を使って練習してきたので、新たな自分を見せられるんじゃないかなと思います」と持てる力をすべて安保にぶつけて勝つつもりだ。

 最後に覇家斗が「下馬評では安保選手の方が圧倒的に上だと思いますが、完璧な人間はいないし、僕は普通に勝てると思っています。自分らしく熱い試合、見ていて楽しい試合をして絶対に勝つ」と打倒・安保へ向けて闘志を燃やせば、安保は「僕は下馬評は見てもないし、興味もないです。勝つことだけを意識して、目立って存在感を見せるので、新しい安保璃紅を見に来て下さい」と断言。

 再出発となる安保が試合でも鮮やかな勝利を収めて存在感を見せるか? それとも覇家斗が前王者の安保を倒して、Krushのベルトに近づくか?

 

選手登録