2018.05.18

 5月18日(金)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホール「Krush.88」の一夜明け会見が行われた。

 5月・6月にK-1 JAPAN GROUP内でヘビー級の日本人対決が続々と組まれているなか、杉本仁がBigbangヘビー級王者の愛鷹亮を得意のハイキックでKO。国内ヘビー級トップの一角をKOした杉本は「愛鷹選手をKOできて自信になった。Krushにはヘビー級のベルトがないので、もし創ってもらえるなら獲りに行きたい」とKrushにおけるヘビー級王座新設を希望した。

「1Rは作戦通りだったんですけど、2Rにいいパンチをもらって倒れそうになってしまいました。もらったパンチが何かは分からなかったんですけど結構効いていました。ただ足はまだ踏ん張れたので必死にしがみついて…という感じですね。何とか持ちこたえて、3RにKO勝ちできてよかったです。ハイキックが入った瞬間は『これは倒れただろう!』と思いました。

(愛鷹の印象は?)パワーが全然違いました。(KOできた要因は?)2Rが終わったあと、そこまで負ける感じというか、負のイメージがなかったので、3Rは巻き返していけるだろうという気持ちがありました。(今後の目標は?)ヘビー級のトップ選手に勝てたことは自信になりました。まだKrushにはヘビー級のベルトがないので、もし創ってもらえるなら獲りに行きたいですし、K-1のベルトも狙っていきたいです」

 今回の勝利でヘビー級国内トップの仲間入りを果たした杉本。ヘビー級に新しい風を吹かせる!

 

選手登録