2018.05.18

 5月18日(金)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホール「Krush.88」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の大会ではK-1 JAPAN GROUPで無敗を誇る"バズーカ"巧樹からダウンを奪い、文句なしの勝利を収めた大沢文也。今回の勝利でライト級に階級を上げてから3戦3勝となり「ゴンナパーとやれるの僕しかいなくないですか? ゴンナパーだったら絶対に勝てる」と現王者ゴンナパー・ウィラサクレックへの挑戦をアピールした。

「昨日はつまらない試合をしちゃいましたけど、それも僕らしいかなって。バズーカ選手はパンチはそこまで強くなかったんですけど、スネは堅かったですね。昨日は勝ちに徹して、僕の試合をつまらないとディスる人も多いと思うんですけど、プロや玄人の人には面白いと言われるんですよね。でも完封しましたよね? 今回は完璧に勝とうと思ってやりました。

(右手の怪我は?)心配してもらいたくて湿布を張ってるだけです(笑)。(控室で怒られたそうだが?)セコンドの阿佐美さんに実力差あるのになんで倒せないんだ?みたいに言われて。あの試合を見ても面白いと思う人は面白いと思うので『阿佐美ふざけんじゃねえぞ』って感じです(笑)。(ダウンを奪った場面は?)試合が始まってすぐ、あるフェイントをした時に絶対に左フックが当たると思いました。それでダウンを取って、ダウンを取ったら逃げて勝とうと思いました(笑)。

(タイトル戦は意識している?)ゴンナパーとやれるの僕しかいなくないですか? この階級でゴンナパーに勝てる日本人は僕、(卜部)功也くん、(安保)瑠輝也くんしかいないと思うんですよ。泥仕合する僕とゴンナパーがやるのも面白い。僕、ムエタイタイプは苦手なんですけど、ゴンナパーのファイトスタイルは得意なんですよ。ゴンナパーだったら絶対に勝てます!」

 ライト級転向後、絶好調の大沢。この勢いのままゴンナパーをも攻略してしまうか?

 

選手登録