2018.05.18

 5月18日(金)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホール「Krush.88」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の大会では友尊(ゆたか)を3Rに右フック一発でKOし、大きなインパクトを残した大岩龍矢。一夜明け会見ではスリリングな試合展開が「めちゃくちゃ楽しかった」と話し、試合後の皇治への対戦アピールについては「相手が興味ないみたいなので…ちょっと冷めました」と苦笑い。改めてKrushスーパー・フェザー級のベルトを目標に掲げた。

「昨日の試合はめちゃくちゃ楽しかったというのが一番です。僕は試合中にニヤニヤする方なんですけど、友尊選手もニヤニヤして『楽しい!』みたいな感じでつぶやいてたんですよ。殴り合いながらお互い話していて、昨日は手数より口数の方が多くなっちゃったかもしれません(笑)。

(試合展開についてはは?)1Rは様子を見ようと思いました。友尊選手は体力がないと思っていたので、徐々に圧力をかけて削って、2・3Rに倒せるかなと思って練習していました。(セコンドの武尊も喜んでいたが?)いつも色んなことを相談する相手でもあるし、信頼できる仲間です。試合前はずっと声をかけてくれて、僕が勝ったら自分よりも喜んでくれるし、僕が負けたら自分のことのように怒ってくれます。本気でぶつかってくれるんで…日本語が上手く出ないんですけど(笑)、僕と武尊の2人にしかないものがあるのかなと思います。

(試合後の皇治への対戦要求について)ずっと皇治選手は『たけぽんと戦わせろ』と言っていて、ずっと武尊とやる前に俺だろって思っていました。それで試合に勝ったら言おうと思っていました。ただ大会が終わった後に皇治選手が『鎖野郎には興味がない』みたいに言っていて、気持ちがモヤっとして…ちょっと冷めちゃいました(苦笑)。皇治選手とは向こうがやりたいと思うようなところになってからでもいいし、今の僕の目標は今年中にKrushのベルトを巻くことなので、それにつながればいいかなと思います。

(郷州征宜vs島野浩太朗のタイトルマッチをどう見ている?)郷州選手・島野選手どちらとも前から戦いたいと思っていました。バチバチでアグレッシブなファイターなのでどちらともやりたいし、次のタイトルマッチはめちゃくちゃ楽しみです」

 大岩が目標とするKrushスーパー・フェザー級のベルトまで突き進む!

 

選手登録