2018.03.11

 3月11日(日)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、4月22日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.87」の追加対戦カードが発表された。

 当初、昨日の大会に出場を予定していた隼也ウィラサクレックだが、対戦相手が減量中に脱水症状で病院へ搬送される事態となり、試合そのものが中止となっていた(※公式結果は隼也の不戦勝)。

 宮田充K-1プロデューサーによれば、試合中止が決定した直後から、隼也の試合を組むべく隼也の所属するウィラサクレック・フェアテックスジムと調整し、4月の後楽園大会でK-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTの晃貴と対戦することが決まった。

 会見には隼也・晃貴が揃って出席。隼也は試合中止の悔しさをぶつけてタイトルマッチにつなげると宣言し、晃貴は実績上位の隼也に対して「殴り合いをして勝つ」と下剋上を誓った。

隼也ウィラサクレック
「昨日はすごく試合を楽しみにしていたんですけど、試合そのものがなくなっちゃいました。でもすぐに試合をさせてもらえるということで頑張ろうと思います。昨日は今までで一番くらい気合いが入っていましたけど、それと変わらないぐらい頑張って勝とうと思います。(試合中止後の心境は?)正直、モチベーションも落ちちゃったんですが、試合をしたかったので、すぐに決まって今はすごくうれしいです。

(対戦相手の印象は?)結構イケイケな選手で打ち合ったら面白いなっていう印象ですね。今回はゴンちゃん(ゴンナパー)と一緒の日に試合に出て、ウィラサクレックvsKRESTのジム対抗戦みたいな感じで、ジムの看板も背負っているのでゴンちゃんと勝って最高の日にしたいですね。4月22日は全試合の中で一番盛り上げて、最高の勝ち方をしてタイトルマッチにつなげられるように頑張ります」

晃貴
「隼也選手はキャリアも実力もある選手なので、Krush-53kgのベルトにアピールできるように頑張ります。(隼也は)蹴りが速い印象ですね。(ウィラサクレックvsKRESTのジム対抗戦でもあるが?)僕は(佐々木)大蔵さんと一緒に勝って、おいしいご飯を食べたいです。(キャリアが上の相手にどんな試合をしたい?)殴り合いをしてKOで勝ちたいです。絶対勝つんで…チャンスをものにします。23日から4週間ほどタイに行ってくるので、強くなって帰ってきます」

 隼也が宣言通りの激勝でタイトル挑戦をアピールするか? それとも晃貴が格上の隼也を下して、一気にトップ戦線に食い込んでいくか?