2018.02.13

 2月13日(火)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて「Krush.85」の一夜明け会見が行われた。

 昨年10月に西京春馬に敗れて、Krush-58kgのベルトを失った小澤海斗。昨日の再起戦では里見柚己を左ミドル一発で秒殺KOし、復活をアピールした。会見に出席した小澤は「昨日はサポートしてくれた仲間だったり、色んな人のおかげで勝てた試合です。みんなに感謝して、うれしい気持ちをかみしめています」と周囲に感謝の言葉。

「昨日の作戦はなくて、絶対にぶっ倒してやろうと思って全力でやった感じです」と明かし「リングを自由に使う気持ちととにかく暴れてやろうという気持ちでリングに立って『小澤海斗はこうだ!』というのを見せたくて自由にやりました。蹴り込みを相当やったんで蹴りには自信がありました」と試合を振り返った。

 試合後は「K'FESTA.1」3.21(水・祝)さいたま大会への出場、さらには山本"KID"徳郁への対戦をアピール。会見に同席した宮田充K-1プロデューサーによれば、宮田プロデューサーのSNS宛に小澤の「K'FESTA.1」出場を熱望する声が寄せられており「試合数のことも考えて、どうするかは検討したい」と話す。

 またK-1ではフェザー級(57.5kg)王者・武尊のスーパー・フェザー級(60kg)挑戦により、「K'FESTA.1」以降、K-1フェザー級王座は空位となるが、小澤は「K-1のベルトを獲るのは俺しかいないでしょう? 俺が獲ります」と断言。会見の最後には「お待たせしてすいませんでした。帰ってきました小澤海斗です。これからばく進します!」とばく進宣言が飛び出した。

 

選手登録