2018.02.13

 2月13日(火)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて「Krush.85」の一夜明け会見が行われた。

 昨日は江川優生とのハードパンチャー対決に臨み、終了間際の劇的なダウンで勝利をもぎとった桝本"ゴリ"翔也。一夜明け会見では、どちらが倒れていてもおかしくなかった左フックの相打ちによるダウンシーンを振り返り「練習前にバナナを食べるようになって通常体重が3~4kg減った」と“ゴリ”キャラをアピールしつつ(?)、-55kgへの挑戦にも興味を示した。

「昨日は内容的にはギリギリの勝ち方で紙一重だったんですけど、その紙一重の差で勝つのと負けるのでは違うと思うので勝ててよかったです。(試合を振り勝って)江川選手のパンチが強いのは分かっていたので、1Rは蹴りを多めに出そうと思っていました。ただ終盤に中途半端にパンチをよけようとしたところにもらっちゃって、あれは少し効いていました。でも2Rは結構相手を削れてローが効いていたのかなと思います。最後は相打ちになっちゃいましたけど、自分が踏ん張って相手が倒れたのでよかったです。

(ダウンシーンは覚えている?)あんまり覚えていないんですけど、パンチを打ったら当たったって感じです。ふらついたけどダメージはなくて、気づいたらダウンになっていました。(歓声は聞こえていた?)試合中は必死すぎて分からなかったんですけど、あとでSNSを見てみたら『盛り上がった』や『会場が沸いていた』と書いてあって、すごくよかったなと思います。(自分の試合のあとに小澤海斗がKO勝利していたが?)自分もバンテージを外して試合を見ていたんですけど、やられたって感じで悔しいですね(苦笑)。

(昨日の勝利で4連勝となったが今年の目標は?)K-1で空位のベルト(フェザー級)があるので、そこも狙っていきたいし、練習前後にバナナを食べるようになって、普段の体重が3~4kg減って、減量があんまりないので下の階級(-55kg)でもチャンスがあればベルトを狙っていきたいです」

 なお会見に同席した宮田充K-1プロデューサーは、試合後に江川の所属するPOWER OF DREAMの古川誠一会長から「いい勉強をさせてもらいました」という言葉があったことを明かし「この負けで江川選手は強くなっていくと思います」と敗れた江川にも期待を寄せた。

 

選手登録