2018.01.26

 1月26日(金)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.84」の前日計量・記者会見が行われた。

 -60kg Fightで対戦する闘士と大岩龍矢。会見では共に「最高な準備をしてきたので、明日はやるだけ、倒すだけです。自分の戦い方は殴る・倒すなので、そこを見てください」(大岩)、「とにかく絶好調。正月返上で死ぬ気で一発目を最高な形で迎えられるように練習してたきので明日が楽しみです。この前、外を走っているときに小さい虫を指で捕まえることが出来て、動体視力が上がっているなと思いました。だから俺にはパンチが当たらねえなって感覚ですね」(闘士)と好調をアピールする。

「相手がどう来るか分からないですが、明日は普通に殴り合いになる。バチバチの試合になると思っています」と真っ向勝負を望む大岩に対して、闘士は「殴り合いばっかりしすぎて、娘が20歳になった時に呂律が回らないとシャレにならないので、どうせ殴り合いになるんでしょうけど、あんまり殴り合いたくないかなと思います(苦笑)」と思わぬ回答。

 さらに闘士は「大岩選手は俺よりパンチ力もあるし、顎も強いし、打たれ強いと思います。俺は大岩選手よりパンチ力もないし、顎も弱いし、打たれ強くないです……だから俺が勝つんですよ」と意味深な言葉も残した。

 2018年の目標として大岩は「Krushの-60kgのベルト、K-1ファイターになること」と話し、闘士は「僕にとって明日は2018年のスタートですけど通過点なので、ここはしっかり勝ってまだ3月(K'FESTA.1)に枠ありますよね? そこに絶対に入れるように。俺くらい暑苦しいファイターがいないと盛り上がらないでしょ? そう思って明日は全力でいきます」と「K'FESTA.1」への出場をアピール。

 最後に2人は「明日は最高の殴り合いを見ていてください」(大岩)、「1月の対戦カードが決まった時にSNSで『カードが薄い』とか書かれているのを見たんですけど、全くそんなことないんで。明日の大会は最高に盛り上がると思うので、そこを頭に入れて楽しみにしていてください」(闘士)と好勝負をファンに約束した。

 2018年のスタートダッシュに成功し、飛躍のチャンスを掴むのは闘士か? それとも大岩か?