2017.12.10

 12月10日(日)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホールで開催された「Krush.83」の一夜明け会見が行われた。

 昨日のダブルメインイベント第1試合でCOMACHIに判定勝利し、初代女子-45kg王座に就いた松下えみ。真新しいベルトと共に会見に出席すると「今は勝ててホッとしているのが正直な心境です。徐々にベルトと大きな舞台に立った実感がわいてきて、ベルトの重みに負けないように一日一日を大切にしながら、王者として君臨していきたいと思います」と挨拶し、COMACHIとの一戦について語った。

「昨日はやりたいことがあって考えすぎた結果、動きが悪かったかなと思います。COMACHI選手はパワーもついていてアグレッシブに来たので、それに負けないように乗り切って、周りの応援でパンチで倒すという気持ちで戦えました。最後は自分のペースに持っていけたかなと思います。

(タイトルマッチの雰囲気は)会場までたくさんの方が応援に来てくれて、ホームという雰囲気で試合が出来ました。ただ私自身固くなりすぎて、COMACHI選手とは1年ほど前に戦っていて、負けられない気持ちが強すぎたかなと思います。

 ただ私がやってきたことは今まで通りで、目の前の相手を倒して笑顔でみんなと帰るということ。そして日々練習して強くなることです。その根本は変わりませんが、Krushという舞台で試合することの反響は大きいので、その重みを受け止めてやっていきたいと思います」

 女子-45kgは今年からスタートした階級で、宮田充プロデューサーは「まだ選手層が薄い階級ですが、王座決定トーナメントが始まってからKrushに出てみたいという選手・ジムさんがたくさんいます。ベルトというシンボルが出来たことで、このベルトに挑みたい選手や-45kgでやりたい選手が出てくると思います」とコメント。「この階級に選手が集まってきてこそ-45kgを作った意味がある」と続け「松下選手の初防衛戦がいつになるか分かりませんが、いい挑戦者を考えたい」としている。

 改めて松下は理想の王者像について「チャンピオンとして揺ぎなく堂々と勝てるように、力強く倒せる試合をしたいと思います」と話し「KANA選手の他の女子選手はパワフルで強くて上手いので、それに負けないように、日々を大切にしていきたいと思います」と王者として所信表明。初代王者の誕生で本格始動する女子-45kgから目を離すな!