2017.12.08

 12月8日(金)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.83」の前日計量・記者会見が行われた。

 明日のセミファイナル(第6試合)には“K-1のマスクマン”左右田泰臣が登場。左右田は8月の後楽園大会で-65kg王者・中澤純の持つベルトに挑むも延長判定で敗れ、今回が再起戦となる。対する中村広輝はこれまでREBELSを主戦場に活躍してきたファイターで、今回がKrush初参戦となる沖縄のハードパンチャーだ。

 注目の一戦に向けた記者会見では両者の個性やキャラクターがはっきりと分かれた。中村を迎え撃つ立場の左右田は、開口一番「中村選手はすごく激闘派で素晴らしい選手という印象は変わりませんが、他に主戦場があるにも関わらず『Krushに出たい』と言って、Krushに喧嘩を売るわけでもなく『Krushに出られてうれしい』と言っている。そんな選手に勝たせてはいけないと思うし、僕自身も勝たせたくないので明日は勝ちます」。

 まさかの挑発かと思いきや「別に挑発はしてないですよ。今の発言が挑発かどうかは捉え方次第じゃないんですか?」と煙に巻き「明日は良い試合をするというよりも勝つことだけを意識して仕上げてきました。Krush初参戦の時に『Krushを面白くしていく』と言った以上、それが試合前なのか? 試合中なのか? 試合後なのか? 焦らずに見ていて欲しいです。来年に向けて? 特にありません」と意味深な言葉を続けた。

 一方の中村は「沖縄から来た中村です。明日はとりあえず殴り合うだけです。Krush初参戦なのでのびのびと戦えるように練習してきました。明日はいい試合をしたいと思います」と挨拶。

 左右田の発言について質問を受けると「挑発的な態度とは思わなかったんで…僕の感情が薄いのかもしれません」と笑顔も見せつつ「今回はデビュー戦のような清々しさというか、そういう気持ちで挑戦するだけです。来年のことは来年に考えるとして、明日の試合が第一なので明日を全力で戦います」とKrush初参戦を控えた心境を語った。

 会見の最後、左右田は「今後、僕がKrushで何をしていくのか楽しみにしていてください」、中村は「沖縄の人たちもたくさん応援してくれていて、色々と言葉をかけてもらいました。沖縄代表として沖縄の名に恥じない試合をしたい」とファンにメッセージ。まさに予測不能な一戦はどんな結末を迎えるか!?

 

選手登録