2017.11.04

 11月4日(土)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホール「Krush.82」の前日計量・記者会見が行われた。

 今年2月のKrush後楽園大会で見事なKO勝利を収めた石田勝希が約9カ月ぶりにKrushに参戦。第2試合の-63kg FightでBigbangをはじめ数々の団体でタイトルを獲得してきた稲石竜弥と対戦する。そして第1試合では杉本仁とOD・KENがヘビー級で激突。今月23日に初代K-1ヘビー級王座決定トーナメントが行われる中、どんな試合を見せるか注目が集まる。各選手のコメントは以下の通り。(※計量に遅刻した稲石は会見を欠席)

石田勝希
「明日は2月ぶりのKrushのリングです。対戦相手の稲石選手は他団体のチャンピオンなので派手にKOして注目してもらえるように頑張りたいと思います。(稲石の印象は?)特にテクニックが上手い印象なので、僕もテクニックで何とか勝ちたいと思います。(4月に恭士郎に負けて変えたことは?)フィジカル差を感じたのでフィジカルを強化してきました。また自分の持ち味のスピードも強化してきました。(同じ大会で-63kgの試合が並んでいるが)-63kgの試合が3試合組まれていると思うのですが、この階級は日本人も強い選手がいっぱいいるので、3試合の中でも石田勝希の試合がすごかったと思ってもらえる派手なKO勝ちをしたいと思います。次の挑戦者は石田がいいなという試合をしたいと思います」

杉本仁
「自分もヘビー級では小さい方ですが、ヘビー級らしい激しい試合になると思うので、よろしくお願いします。(OD・KENの印象は?)OD・KEN選手はパワーで勝っていると言っていましたが、僕はパワーでも上回って全体的にも上回って勝ちたいと思います。(K-1は意識しているか?)11月23日のトーナメントに出る選手とも戦っていきたいですし、そこにアピールというか次につなげる試合をしたいです」

OD・KEN
「僕はヘビー級の中では身体が小さくて、杉本選手よりも体重が軽かったんですが、パンチには自信があるのでしっかりKOを見せられると思います。みなさん期待してください。(杉本の印象は?)僕がデビューする前からプロデビューしていて、何度も試合を見ています。いい意味でヘビー級らしくなく技術がある選手なので、思いっきりぶつかっていきたいと思います。僕はパワーがある方なので、そこで勝てればと思います。

(K-1は意識しているか?)僕も同じヘビー級として注目しているので、どんな試合になるのか気にしています。日本のヘビー級はみんな年齢がいっているので、僕も含めて杉本選手や(トーナメントに出る)K-Jee選手など若い世代でヘビー級を盛り上げていきたいと思います。まだ僕の名前を知らない人ばかりだと思うので、OD・KENの名前を憶えてもらえるようなインパクトを残す試合をしたいと思います」