2017.09.30

 9月30日(土)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、明日10月1日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.81」の前日計量・記者会見が行われた。

 明日の第5試合は闘士vs横山巧、第4試合は明戸仁志vs山本直樹と-60kg Fightが2試合が並んだ。闘士と横山は-60kg次期挑戦者決定トーナメント準決勝で敗れて以来の再起戦。明戸と山本の一戦は4連敗中の明戸vs3連勝中の山本という図式の試合となっている。前日会見には4選手が並んで出席し、試合に向けた意気込みを語った。

横山巧
「今回も軽く減量をクリアしました。打ち合う準備は出来ているので、明日はバチバチで激熱な試合をしたいと思います。(今回の試合への手応え)前回の試合で負けた要因は、気持ちの面で負けていたと思っています。なので、今回は前回以上に厳しい練習もしてきましたし、フィジカルの面でも鍛え直してきました。それだけの練習をしてきたと思っています。(今後の目標について)キャリアのある選手を片っ端からブッ倒して、チャッチャと引退させるような闘いをしたいと思います。今回は相手に完全に舐められているので、ギャフンと言わせたいと思います」

闘士
「今回は減量の調子が良くてサクッと体重も落とせて、今からでも試合が出来るぐらいです。あと自分は打ち合わないので、よろしくお願いします(調整が上手くいった要因)いつも計量前に3kgぐらい水抜きをするんですけど、水抜きをするとシワが増えて、先輩たちに年を取ったみたいに言われました。シワはあまり作りたくないので、今回は徐々に体重を落としていったら意外と上手く体重が落ちました。
(今後の目標について)僕的には、本当ならメインで安保(璃紅)選手とタイトルマッチを戦っていないといけなかったので、今ここに4人で並んでいることを恥ずかしいと思っています。正直盛り上がるか盛り上がらないかはどうでもいいです。相手はキャリアがあるから引退させるみたいに言っていますけど、哀愁が漂う試合もしたことないのにごちゃごちゃ言っているので、叩き潰します。闘士はKのリングのど真ん中にありって試合を見せます。応援よろしくお願いします。」

明戸仁志
「今回は練習から調整までかなり上手くいきました。いつも計量の時はフラフラなことが多いんですけど、今日は調子が良いです。明日は良いコンディションで試合が出来そうなので、明日の試合を楽しみにしていてください。(調整が上手くいった要因)ジムに新しいボクシングトレーナーも来て、そのトレーナーにしっかり練習を見てもらっている影響が大きいですね。調整から試合への持って行き方やサプリメントも取るようになり、身体に気を使うようになりました。今までの自分は試合の1週間前には疲れも出てきて練習をしていなかったんですけど、今回は計量の少し前まで練習が出来たので、身体が動ける状態に仕上がりました。

(今後の目標について)ずっとKrushの-60kgで戦ってきたので、Krush-60kgタイトルを目標にしています。明日の安保選手と郷州選手の試合は噛み合って面白い試合になると思いますが、自分は仕上がっているので、タイトルマッチ以上のインパクトを残す自信があります。ここ最近の数試合は、自分は攻撃力があると言っておきながらもスローな動きで試合をしていたので、今回は身体も治してしっかり仕上げてきました。速い動きと攻撃力のある自分の動きを見てもらって楽しんでほしいです。ぜひ注目してください」

山本直樹
「計量をクリアしてホッとしています。今から回復して明日は最高の結果を残します。(今回の試合に向けてどんな練習をしてきたか)明戸選手はパワーがある選手と評判です。自分はパワーを付けるよりもパンチのキレを磨いてきたので、パワー同士で戦うのではなく、パンチのキレで仕留めようと思っています。(今後の目標について)明日の-60kgタイトルマッチは盛り上がると思います。でもそれ以上に自分たちが盛り上げて早くメインイベントで試合を出来るように頑張ります。応援よろしくお願いします」

 -60kgの生き残りをかけた戦いを制して、タイトル戦線に浮上するのは誰だ!?

 

選手登録