2017.09.28

 9月28日(木)東京・新宿区にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、12月9日(土)東京・後楽園ホール「Krush.83」の第一弾対戦カードが発表された。

 Krushの2017年シリーズ最終戦のメインイベントで女子-50kg王者メロニー・ヘウヘスと挑戦者KANAによるタイトルマッチが決定した。両者は今年1月の後楽園大会で対戦し、この時は王者KANAに挑戦者メロニーが挑む形でメロニーが勝利。KANAにとってはプロ初黒星を喫すると同時に王座陥落という試合だった。
 
 その後、メロニーは4月大会で紅絹の挑戦を退けて王座防衛に成功。KANAも5月にグレイス・スパイサー、8月にエミリー・マシューと欧州ファイターに連勝し、メロニーへの王座挑戦&リベンジマッチまで辿り着いた。

 会見に出席したKANAは「2017年1月15日の今年1発目のKrushで、初めて敗北を味わって、そこから復帰して2戦を勝利はしましたけど、気持ちは曇ったままでした。今年の最後のKrushでメロニー選手の挑戦者として選ばれました。2017年は真っ暗でスタートしたので、最後はしっかりベルトを獲って2017年のKrushはKANAで締めたいと思います」と挨拶。

 続いてメロニーのコメントが読み上げられ「私はいつでもタイトルへの挑戦は受けて立つ。次の挑戦者はKANAだと聞いた。Krushが用意した相手が誰であろうと、私は全力を掛けてこのベルトを守る。KANAはタフな選手だけど、2度目の対戦となる今回、もう一度彼女を倒し、2人の戦いにピリオドを打つ」とKANAとの完全決着を宣言した。

 続く質疑応答でKANAはメロニーへのリベンジ、そして王座奪還に向けての想いを語った。

「(タイトルマッチが決まった時の心境は?)1月に負けた時は、自分の全てが良い状態でリングに上がり負けました。その時は、メロニー選手が自分より全て上回って負けた感じなので、今度は自分がメロニー選手を全てで上回り、前回以上の試合をして最後は自分が倒して終わらせます。(年内の再戦へのこだわりは?)自分の中では、年内に負けた借りは年内に返したいと思っていました。負けた借りを返さないと来年の良いスタートは切れないので、そういう面でも今年の借りは今年に返したいと思っていました。

(国際戦を重ねた手応えや自信について)メロニー選手に負けて自分の弱点や弱さがたくさん見えて、そこから2戦で色んな戦い方を試してきました。次はメロニー選手が相手で、どういう戦い方をするかは分からないので、状況に応じて戦いたいです。自分はメロニー選手のおかげで日々成長出来ていますし、メロニー選手もベルト獲ってから負けなしで強くなっていると思うので、12月9日は、最高の試合が出来ると思います。

(前回の試合との心境の違い)前回はダウンも取られて負けているので、正直不安もまだあります。しっかり残り2カ月半、全てを懸けて練習して準備してメロニー選手に臨みたいです。メロニー選手に勝てば自然とベルトを巻くことが出来ると思うので、しっかり腰にベルトを巻いて今年を終えたいと思います。

(不安の理由は?)メロニー選手は自分が初黒星と初ダウンを奪われた選手なので、自分にとって強い選手です。そこを上回ることができないと勝てないと思うので、そうなるように準備したいと思います。トラウマはないですが、不安も半分楽しみも半分って感じですね。しっかり練習で自信を付けて12月はリングに上がりたいと思います。

(ファンへのメッセージは?)いつもたくさんの応援ありがとうございます。12月9日は挑戦者として初めて青コーナーでリングに上がります。Krush女子-50kgのベルトは自分が巻かないと本当に盛り上がらないと思うので、しっかり全てで上回る準備をしてメロニー選手をKOしますので、宜しくお願いします」

 KANAは宿敵メロニーにリベンジを果たし、女子王者として2017年を終えることが出来るか?

 

選手登録