2017.09.06

 9月6日(水)東京・K-1ジム総本部にて9月8日(金)東京・後楽園ホール「Krush.80」の[スーパーファイト/-62.5kg契約/3分3R・延長1R]で卜部功也と対戦するヤニック・レーヌが公開練習を行った。

 レーヌはWKN欧州ムエタイ・ライト級王座に加えて、今年5月にヨーロッパの強豪エディ・ネイト・スリマニに勝利してISKA世界スーパーライト級タイトルも獲得しているテクシャンタイプのファイターだ。

 公開練習では2分1Rのミット打ちを披露し「1カ月半前からトレーニングを始めて、試合への準備は万端だ。良いコンディションのままパーフェクトな状態で試合に臨みたいと思う」と仕上がりは万全だ。
「日本に来て試合が出来ることを嬉しく思うし、光栄に思っている。日本に来た際に暖かく迎え入れてくれたチームの皆さんに感謝している。16時間かけて日本に来た際に少し体重は増えたが、現在63.6kgなので、特に問題はない。1カ月半前からトレーニングを始めて、試合への準備は万端だ。コンディションは上手く整っているので、試合に向けて良い状態で準備出来ていることを嬉しく思う。良いコンディションのままパーフェクトな状態で試合に臨みたい」

 日本では初めての試合となるレーヌ。格闘技を15歳から始め、今までムエタイ・K-1の両ルールで試合を続けてきた。
「自分は15歳から本格的に格闘技を始めた。家族の中に(イギリススタイル)ボクシングをやっている人間がいて、従兄弟がキックボクシングをやっていたので、格闘技にはいつも興味を持っていた。(今までどんなルールで試合をしてきたか?)ムエタイルールで戦ってチャンピオンになっているし、フランスではISKA世界スーパーライト級チャンピオンにもなっている。フランスではK-1ルールでも戦って来た」
 レーヌは自分の得意技は「スピード感のあるテクニック」と語り「相手に合わせて戦えるのが自分の売り」と改めてテクニシャンぶりをアピールする。
「今までムエタイルールやK-1ルールなどで培ってきたテクニックをたくさん見せたい。その中でもスピード感のあるテクニックを得意にしている。あとは目力と侍精神をアピールしたい。(パンチと蹴りならどっちが得意か?)パンチも好きだしヒザも好きなのでどちらとも言えない。
(スペシャルな技術はある?)特に見せるテクニックがあるわけではないし、それは自分のスタイルではない。それよりも自分がどんな状況にも対応できることが1番重要だと思っている。相手に合わせて戦えるのが自分の売りだと思っている」

 今回対戦する卜部功也ついては「卜部功也はフランスでも有名なので一目置いている。技術的にもボクサーとしても凄く優れた選手」と話す一方「とても厳しい試合になると思うので、自分が勝つイメージをして戦う」と語った。
「卜部功也はフランスでも有名なので一目置いていた。技術的にもボクサーとしても凄く優れた選手だと思う。だから良い試合になると思う。(どんな勝つイメージを持って戦うか)とても厳しい試合になると思っているが、自分が勝つことをイメージして戦う。(今回の試合に向けて意識してきた練習は?)卜部がサウスポースタイルなので、サウスポーのテクニックを鍛えながらコンビネーションを大切にトレーニングしてきた」
 また“アンタッチャブル(触ることができない)”の異名を持つ功也に対して「自分は“タッチャブル”になる」と対抗意識を燃やす。
「彼が“アンタッチャブル”なら自分は“タッチャブル”になる。卜部にとっては日本での試合で日本の観客に囲まれていいコンディションで試合に向かうと思う。自分は、それに関して笑顔が出るぐらいとても嬉しいよ。自分が出来ることを精一杯やるだけなので、とても良い試合になると思う。(真のアンタッチャブル?)自分が絶対的なアンタッチャブルだとは思っていなくて、どんなに優れた選手でもパンチを思いっきり貰うこともあるし、パンチを貰わないこともある。その時に誰と対戦するかによっても状況が変わってくるので、自分はその状況に合わせて勝っていくことが自分の強みだと思う」

 今後の日本の野望や目標について聞くと「今回の試合に勝って近いうちに日本に来たいです」とレーヌ。「卜部に勝つことが自分にとってものすごく大きなものをもたらすと思う。だから勝ちたい」と熱く語った。
「日本は美しい国でK-1を愛するファンがたくさん来てくれるので、日本で試合出来ることは嬉しいことだと思う。なので今回の試合に勝って、また近いうちに日本に来たい。卜部は強くてものすごく経験もある選手だ。なので卜部に勝つことが自分にとってものすごく大きなものをもたらすと思う。だから勝ちたい」
 最後にレーヌは「明後日、日本で試合を出来ることを嬉しく思う。卜部との試合は見どころの多い試合になり、日本のファンの皆さんが喜んでくれる試合になると思う。自分のチームの名前を大きく出して、チームの皆に大きな感謝を伝えたいし、家族や友達にも試合を通して感謝を伝えていきたい」とファン、そして仲間たちにメッセージを送った。
 Krush初参戦のレーヌが元K-1王者の卜部功也を相手に自分の強さを証明するか!?

 

選手登録