2017.08.21

 8月21日(月)愛知・名古屋の公武堂にて「Krush.79~in NAGOYA~」の一夜明け会見が行われた。

 日本vs世界・3対3マッチの第1試合でフランスのエミリー・マシューを右フックで豪快にマットに沈めたKANA。佐藤嘉洋・大会実行委員長も「女子選手にもかかわらずヘビー級のようなKOだった」と語るKO勝利で、KANAは「昨日は初めて後楽園ホール以外で試合をしたのですが、会場が熱くてやりやすかったです。久しぶりのKO決着ができてよかったと思います」と試合を振り返った。

「エミリー選手は公式プロフィールではオーソドックスだったのですが、試合映像を見るとサウスポーに構えていて、1Rはどんな感じで来るか全く分からない状況でした。ただ練習ではオーソドックス・サウスポーどちらも練習をしていたし、どちらで来ても対応できるように練習していました。

 今回は相手を見て戦う冷静さが出て、セコンドの声も聞こえていました。心と体のバランスがとれた試合だったと思います。(エミリーの左ミドルと左ストレートは?)前日計量・会見の時は殺気があるなと思いましたが、いざ向かい合ったら圧力もパワーも感じなかったです。逆に自分が圧力をかけて潰そうかなと思いました。

(1Rで倒せると感じた?)1Rのどこかで山場を作らなきゃいけないと思っていて、倒せる場面があったら倒そうと思いました。ただそこまで狙っていたわけではなくて、今まで頭が攻撃ばかりになって、相手の攻撃をもらって焦って倒せないことがあったので、今回は冷静に戦おうと思いました。倒しに行こうとしすぎずにいった結果がKOにつながったと思います」

 KANAにとっては初参戦のKrush名古屋大会だが、地元が三重県ということで会場には普段は試合を見に来られないファン・応援団がかけつけた。その中には初めて試合を見に来たという祖父母の姿もあったという。

「昨日はおじいちゃんとおばあちゃんが初めて試合を見に来てくれました。2人とも『試合を見るのが怖い』と言って、今まで私の試合は映像を見ることが出来なくて、写真でしか見ていなかったんです。

 だから『会場に来れるのかな?』と思って心配でした。試合が終わったあとはおじいちゃんもおばあちゃんもめっちゃ泣いていて、早く勝つことが出来て元気になってもらえたと思います。

 ちなみに入退場の時に私のところに来ていたおじいちゃんは私のおじいちゃんじゃなくて、実家の隣に住んでいるおじいちゃんです(笑)。私が生まれた頃からよくしてくれているおじいちゃんで、うちのおじいちゃんとおばあちゃんは試合が怖くてこっそり見ていたらしいです(笑)」

 今年1月にメロニー・ヘウヘスにプロ初黒星を喫し、Krush女子王座を失ってからは2連勝。どちらも外国人選手との試合で、前回は判定勝ち、今回はKO勝ちと、KANAはメロニー戦の敗北を機に確実に成長を続けている。KANAは「今年の借りは今年中に返す」と年内でのリベンジそして王座奪還に燃えている。

「1月に初めに負けを味わって、あれから地獄だと思うくらいキツくて、まだ負けてよかったとは思えていません。メロニー選手にリベンジしてこそ次につながると思います。だから今年の借りはどうしても今年中に返したいです。きっとメロニー選手も私の試合映像を見ていると思うし、同じ相手に2回負けることはできない。年内にベルトを獲り返して、次につなげたいです」

 一夜明け会見前に「朝起きて会見まで時間があったので名古屋城の周りを走ってきました」とすでに次の戦いに向けて準備を続けているKANA。メロニーとの運命の再戦は実現するか?

 

選手登録