2017.08.20

 8月20日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホールにて「Krush.79~in NAGOYA~」が開催された。

 6年連続開催となった今年の名古屋大会はプレリミナリーファイトから衝撃的なKOが続出。本戦でも総合格闘技から参戦の祖根寿麻に始まり、和島大海、篠原悠人、大岩龍矢らがKO・TKO決着で会場を沸かせた。そして武尊vs武居由樹の夢のエキシビションマッチ後の日本vs世界・3対3マッチでは、その熱が一気に加速する。

 先陣を切って登場したKANAが右フックでエミリー・マシューを完全KOして場内をどよめかせると、大和哲也は左瞼のカットであわやドクターストップの場面から、3つのダウンを奪ってエルソン・パトリックから劇的なKO勝利を収める。

 そして最終戦に登場したK-1スーパー・ライト級王者・野杁正明も1Rからディエゴ・フレイタスと足を止めて接近戦での打ち合いを展開。どちらも譲らない攻防が続く中、野杁がボディ打ちからの顔面ヒザ蹴り、右ハイキックという鮮やかなコンビネーションでフレイタスをなぎ倒し、見事に名古屋大会の最後を締めくくった。

☆試合結果詳細はこちら

 

選手登録