2017.08.07

 8月7日(月)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「Krush.78」の一夜明け会見が行われた。

 昨日のダブルメインイベント第1試合で谷山俊樹の挑戦を退けて、2度目の王座防衛に成功した-63kg王者・佐々木大蔵。「昨日はたくさんの応援ありがとうございました。会場に大蔵コールが鳴り響いて、1人1人の声援が自分の力になりました。そのおかげでベルトを守って、一夜明けに来ることが出来ました」と挨拶し、谷山との試合を振り返った。

「これで倒れる!という手応えのある攻撃が何度もあったのですが、谷山選手も強い選手だったので倒れませんでした。谷山選手はBigbangでチャンピオンにもなった選手で、そういう部分でも谷山選手の強さを感じた試合でした。

(普通なら倒れるパンチが入っていた?)そうですね。まだまだなんですけど、最近はパンチを打った時に重みを感じるようになって、練習で出せているものが試合にも出ていた手応えがありました。前日会見でも言った通り、倒して勝ちたかったんですけど、3Rでダウンを取れたのは自分にとって、プラスになりました」

 今後の目標について佐々木は「昨日のリング上でも言いましたが、この-63kgのベルトの価値を高めるのは、自分しかいないと思います。そして(K-1ライト級王者)ウェイ・ルイ戦の敗北を取り戻しにいきたいと思います」と王座防衛そしてK-1再出撃を掲げた。

 会見に同席したK-1宮田充プロデューサーも「去年の初防衛戦(岩崎悠斗に判定勝利)に続き、良い試合だったと思います。昨日の試合も勝負ところで、しっかりダウンを取って勝っているので、そこは評価したいです。その先にKO・TKOがあると思うので、まずは昨日チャンピオンとして仕事をしてくれたなと思います。今回の勝利でまた先に進めるのかなと思いました」と佐々木の戦いぶりを評価。次の防衛戦については「ファンのみなさんの声もあるし、年内になるのかどうか分からないですが、KRESTさんと話して早めに決めたいと思います」と話している。

 改めて佐々木は「昨日は観戦していただいたファンの皆さん、本当にありがとうございましたと言いたいです。みなさん一人一人の声援はいつも力になります。いつも入場前は怖いのですが、たくさんの声援に背中を押されてリングに立てています、今後も背中を押してくれるファンの方の期待以上のものを見せられるように日々努力していくので、今後も佐々木大蔵をよろしくお願いします」とファンにメッセージ。盤石の強さを見せた佐々木の巻き返しに注目だ。