2017.07.17

 7月17日(月・祝)東京・ベルサール九段にて「Krush.77 ~日本 vs 中国・6対6全面対抗戦~」の一夜明け会見が行われた。

 Krushの“特別大会”として開催された昨日の「Krush.77 ~日本vs中国・6対6全面対抗戦~」。Krushと中国の格闘技イベント「GLORY OF HEROES」(以下、GOH)による対抗戦は、中国代表が4勝2敗で日本代表に勝ち越す結果に終わった。

 会見にはKrush実行委員会の宮田充プロデューサー、Krushと中国の交流をサポートし、今回の対抗戦をコーディネートしたCFP(チャイニーズ・ファイティング・プロモーション)の岩熊宏幸代表、そしてGOHのグゥオ・チェンドン ファウンダーが出席した。

 チェンドン氏によれば昨夜の大会は中国国内でもインターネットでライブ配信されて約70万視聴を記録。これは他の中国の格闘技イベントの約10倍にあたり、最終的には100万視聴を超す見込みだという。

 またイベント全体についてもチェンドン氏は「昨日は非常にエキサイティングな試合の連続でイベント的に大成功だったと思います。今日私は緑のネクタイをつけていますが、これには友好の意味が込められています。これから我々と日本の交流が深まることを期待しています」。

 岩熊代表も中国でのネット中継が新たなビジネスモデルになると話し「中国ではリングアナ対決や両国のラウンドガールも好評で、今後もこういったコラボが続けられたらと思います。今回の対抗戦は企画から時間がかかり、パワーも必要だった大会ですが、スタッフの皆さんのおかげで大成功だったと思います」とイベントそのものが中国でも好評だったことを明かした。

 そしてチェンドン氏は中国の暦で年末にあたる来年1月末~2月末に予定されるGOHのビッグマッチにて「Krushのトップファイターを招聘したいと思いますので、ぜひ今度は中国で我々と試合をしてください」と新たな対抗戦のプランを提案。

 宮田プロデューサーも「昨日の大会はイベントとして大成功と言っていい大会だったと思います。ここから今後の展開が考えられると思いますし、これを始まりにしたいと思います」と今後の交流については前向きな言葉を残し、チェンドン氏からの呼びかけについても「そういう話をいただいていて、これはもうやるしかないと思っています」。

 出場メンバーについては「昨日の大会を見て思ったのは里見柚己選手・佐野天馬選手・瑠輝也選手。キャリア的に1年前はKrushの後半に出るような選手じゃなかったのですが、この3人が2勝1敗という結果を残し、活き活きしたファイトをしてくれました。何選手の対抗戦になるか分かりませんが、ガッツのある若い選手と乗り込んでみたいと思います」と若いファイター主体の選手編成で中国での対抗戦に臨むつもりだ。今後の日本と中国の交流・対抗戦に注目だ!

 

選手登録