2017.07.15

 7月15日(土)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.77 ~日本vs中国・6対6全面対抗戦~」の前日計量・記者会見が行われた。

 Krushの“特別大会”として開催される明日の「Krush.77 ~日本vs中国・6対6全面対抗戦~」。Krushと中国の格闘技イベント「GLORY OF HEROES」(以下、GOH)による対抗戦で、Krushとしては初の試みとなる大規模な海外との対抗戦だ。

 対抗戦の第1試合は里見柚己がワン・ジュングァンを迎え撃つ一戦。ジュングァンはアグレッシブなファイトスタイルから“中国の武尊”と呼ばれている今大会の注目ファイターの一人だ。

 会見でもジュングァンは「今回、日本のKrushに出場できて非常に嬉しく思っている。日本のマスコミでも自分のことを取り上げてもらっているみたいだけど、明日はすごい試合を見せるよ」と挨拶し「僕は以前から言っている通り、武尊と戦いたい。明日里見をKOして、次は武尊と戦ってK-1のチャンピオンベルトを巻きたい」と武尊との対戦をアピール。

 明日は武尊も来場予定で「もし武尊が僕の試合を見てくれるなら、僕は武尊と同じく、前に出てアグレッシブに戦う姿を見せたい。きっと武尊は僕のことを知らないと思うけど、明日の試合で自分の持っている力を全て出して、武尊に自分の存在を知らしめたい」と里見を踏み台にして武尊戦につなげるつもりだ。

 これに対して日本代表のトップバッターを務める里見は「明日は倒し合いになると思いますが最後は自分が立っているので、応援よろしくお願いします。相手と向かい合っても全然負ける気がないし、間違いなく倒せると思ったんで明日は期待していてください」。

 一連のジュングァンの発言には「僕と試合が決まっているのに武尊、武尊うるさいんでムカつきますね」と不快感をあらわにし「日本の格闘技・Krushが甘くないところを見せるんで1Rでぶっ倒します」と対抗心をむき出しにした。

 互いにライバル心をぶつけ合ったのは対抗戦・第2試合の佐野天馬vsユン・チーも同じだ。

 今回が4度目の日本での試合となるユンは「佐野が自分のことを倒すと聞いたけど、佐野はそんなに強い選手なのか? 佐野にこれといった印象もないし、研究もしていない。今日計量で見ても“子ども”だと思ったし、明日の試合はKOしてやるよ」と佐野を子ども呼ばわり。

 これを聞いた佐野も「自分も自信があるし、計量で向かい合って確実に負けないと思いました。すげえ舐められてるなと思うし、いろいろとムカついたんでぶっ飛ばします」とイライラを爆発させる。対抗戦は序盤から意地と意地がぶつかり合う危険な“壊し合い”になりそうだ。

 

選手登録