2017.07.14

 7月14日(金)東京・大久保のK-1ジム総本部にて、7月16日(日)東京・後楽園ホール「Krush.77 ~日本vs中国・6対6全面対抗戦~」に出場する中国人6選手が公開練習を行った。

 今回、中国代表のセコンドとして初代K-1ライト級王者のウェイ・ルイも来日。公開練習で選手たちのミットを持ったあとはインタビューに応じ、6選手の特徴と強さを紹介しつつ「99%私たちが勝つと言っておきましょう」と語った。詳細は以下の通り。

「私から見て6選手みんなとても状態がいいと思います。大会が決まって試合まで約2カ月ほどあって、みんな十分な練習時間を設けることが出来ました。特にチュー・ジェンリャン、ティエ・インホァ、ユン・チー、ワン・ジュングァンは仕上がりがいいと思います。いずれにしても今回の6人は中国の最強軍団だと思っているので、日中の最強対決になると思います。

 ワン・ジュングァンは中国国内で新進気鋭のファイターで、対戦相手がどうあれ獰猛に攻めるスタイルです。1・2Rを無事に終えることが出来ても、3Rに刀のような一太刀で相手を倒してしまうファイターです。ユン・チーはみなさんもご存じの通り、K-1でも2度戦っているファイターです。彼はコンピューターのような選手で、試合を終えて階段を一段ずつ上がるのではなく、一段飛ばしの二段飛びで強くなっている選手です。前回はKrushで負けてしまいましたが、あの負けをバネにいい試合をしてくれるはずです。

 ドン・ザーチーは非常にパンチも蹴りも“硬く”て強いファイターです。1R~3Rまで落ち着いて攻撃をし、その硬い打撃でダメージを与える選手だと思ってください。ティエ・インホァは中国で“小さな虎”と呼ばれていて、まさに虎と同じ獰猛なファイターです。パンチと蹴りのコンビネーションだけでなく、今回は彼のヒザ蹴りも見てほしいです。

 チュー・ジェンリャンは世界でもトップのファイターで、彼のテクニックは超一流です。距離感をコントロールする能力があり、パンチへの反応も高いです。ぜひみなさんには超一流のテクニックを見てもらいたいです。ジェン・ジュンフェンは散打やMMA(総合格闘技)のバックボーンがあり、地力がすごい選手です。卜部弘嵩選手は日本でも最強のファイターの一人ですが、ジュンフェンにはパワーとスピードがあります。それに卜部選手がついていけるかどうか楽しみです。

(対抗戦の結果は?)これについては最初の会見で「GLORY OF HEROES」ファウンダーのグゥオ・チェンドン先生が言ったように99%私たちが勝つと言っておきましょう」

 

選手登録