朝久裕貴&泰央が地元・福岡県うきは市・髙木典雄市長を表敬訪問「うきはの自然の中で鍛えてきた身体で思う存分に力を発揮することができました!」(泰央)

2021.08.03

 第5代K-1ライト級王者・朝久泰央、武林風WLF-60kg級王者・朝久裕貴が福岡県うきは市の髙木典雄市長を表敬訪問した。

 7月17日(土)福岡国際センターで開催されるECO信頼サービス株式会社PRESENTS「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K-1ライト級タイトルマッチ~」にて、王者ゴンナパー・ウィラサクレックに勝利してK-1ライト級王座に就いた泰央。大会当日は髙木市長も会場に訪れ、試合前に両者に激励の花束を贈呈するなど、泰央の王座戴冠劇をリングサイドから見守った。

 この日は泰央、9月20日のK-1横浜アリーナ大会に出場が決まった裕貴が揃って地元・うきは市の髙木市長のもとを訪問。市役所には2人の名前が入った大きな垂れ幕が準備され、髙木市長はじめ多くの方々が泰央の王座戴冠を祝福し、裕貴の次戦に向けて激励の言葉を送った。

 表敬訪問後、2人はそれぞれ「国内外のリングでグローバルに戦って、勝ち続けていきます」(裕貴)、「うきはの自然の中で鍛えてきた身体で思う存分に力を発揮することができました」(泰央)とコメント。今後の朝久兄弟のさらなる活躍に注目だ。

 

選手登録