デビュー戦KO勝利の稲垣澪、Krushフェザー級タイトル戦線に名乗り!「プロになったからにはベルトを目指す。もっといいKO勝利を皆さんに見せたい」

2020.04.05

 4月5日(日)、都内で「KHAOS.10」の一夜明け会見が行なわれた。

 昨日の試合では格闘代理戦争組の副将を務め、KO勝利を飾った稲垣澪。相手の山浦力也のローキックを事前から警戒し「最初にしっかりカットできたことが昨日の試合のポイント」と自ら勝因を分析してコメント。

 次なる目標として、江川優生が返上したKrushフェザー級王座を視野に入れており、「今年中にトーナメントをやると思っているので、一歩でもそこに足を踏み入れることを目標にがんばる」と、王座戴冠を目指すことを宣言していた。

副将戦 稲垣澪
「昨日、無事デビュー戦をKOで勝ててホッとしています。AbemaTVで見てくれた皆様に少しでも元気を与えられる試合ができたんじゃないかなと思ってうれしく思っています。(一夜明けての感想は?)山浦選手、ローキックが強い選手だったので、それを最初にしっかりカットできたことが昨日の試合のポイントだったのかなと思っています。あとは最後にパンチでKOする前にヒザ蹴りを蹴って、片足になっているところにうまくパンチを合わせられちゃったんですよね。それでちょっとぐらついたところもあったんで、そこはもうちょういガードを徹底するという反省点ではあったと思います。

(周囲の反応は?)皆さん、すぐメッセージをくれて、『しっかり試合見てたよ』、『次の試合は絶対見に行くから、チケットすぐ言ってね』だったりとか、あとは『キックパンツにロゴを入れて応援したい』で連絡くれた方もいました。(昨日の勝因は?)山浦選手はパンチが上手い選手でしたが、自分もリーチがあって(パンチを)合わせられるタイミングがあったので、遠いところからしっかりパンチを当てられたと思います。ちょっと得意技のヒザ蹴りが、1R・2Rは少なかったのかなというのはあったんですけど、最後しっかりパンチを合わせられて、パンチでも倒せて、ヒザ蹴りでもっていうところも見せられたんじゃないかなと思っています。

(山浦選手と戦ってみての感想は?)空手ベースで技もあってパンチも強い選手という印象は最初から変わらずで、あとはもらってみて凄い見えづらい前蹴りで、そこはうまかったなと思っています。(最後、一瞬ぐらついてからパンチを出すまではどのような心境だった?)自分の体感的に効いてぐらついたというよりも、片足の時にパンチをもらっちゃったということでぐらついたイメージだったんですけど、逆に山浦選手がそこをチャンスだと見て入ってきてくれたところに、カウンターのパンチが入ったという風に自分は思っています。

(ローキックをのカット自体が作戦だったのか?)山浦選手の試合動画を見て、右のローキックが強い選手だなと思っていましたし、あとは自分がストレートを狙っていました。そこで前足を効かされて、前足の踏ん張りが効かなくなると、パンチも活かせなくなってしまうんじゃないのかなと思っていたので、ローをカットするっていうのはしっかり練習していたところではあります。

(野杁選手に似ていると言われたことはないか?)話し方だったりとか雰囲気も似ているとは言われわれますね(笑)。前にも話したことがあるかもしれないんですけど、僕は野杁選手が凄い好きで憧れている選手の一人でもありますし、ファイトスタイルが凄く好きなので目標にしている、理想の戦い方ですね、自分の中で。

(今後の目標は?)プロになったからにはやっぱりベルトを目指して、というところは変わらず自分のなかにありますし、江川(優生)選手がKrushのベルトを返上したということもあって、今年中にKrushで王座決定トーナメントをやると思うので、そこに一歩でも足を踏み入れることを目標にがんばろうと思っています。(ファンの皆さんへのメッセージは?)稲垣澪です。2戦目、もっと大きな舞台で、今度はお客さんが来てくれているところで試合がしたいなとい思っていますし、今回の試合も皆さんに元気を与えられたと思っています。2戦目、もっとがんばって、また一から出直して、しっかり反省点を活かして、もっといいKO勝利を皆さんに見せられるんじゃないかなと思って、また一から練習します。2戦目も応援よろしくお願いします」