寺田匠、KO勝ちを逃して悔しさ露わも…高い目標を宣言!「最速でK-1チャンピオンになりたい」

2020.04.05

 4月5日(日)、都内で「KHAOS.10」の一夜明け会見が行なわれた。

 昨日の試合ではK-1選抜の内田道隆を相手に勝利し、対抗戦を2勝2敗のイーブンに戻す役割をやってのけた寺田匠。プロデビュー戦を勝利で飾れたものの「前日からずっとKOを宣言していたんですけど、KOできなかったのが心残り」と、一夜明けても悔しさを露わにしていた。

 しかし、今後について、「最速でK-1チャンピオンになりたい」と高い目標を宣言。「すぐ練習を再開して、次戦に向けて仕上げる」と気持ちを切り替えていた。

中堅戦 寺田匠
「前日からずっとKOを宣言していたんですけど、KOできなかったのが心残りです。デビュー戦で勝てたことはよかったかなと思います。(一夜明けての感想は?)試合が終わったあとはKOできなかったことが悔しかったんですけど、周りの人たちに『勝ったことに意味があるから』と言われて、とりあえずそれはよかったかなと思います。(周囲の反応は?)今までの動きの中で一番よかったという声が多かったです。

(昨日の勝因は?)自分の方が対策していたかなと思います。(今後の目標は?)ドンドン強い選手とやって、最速でK-1チャンピオンになりたいなと思っています。(試合後もあまりうれしそうではなかったが、普段から感情を表に出さないタイプ?)まあ、そんなことはないですけど、KOできると思っていたので悔しかったですね。(コスチュームにNATURAL BORN KILLERと入っていたが、自分で考えた?)それは『格闘代理戦争』の時にそういうキャッチコピーをつけてもらったんで、キックパンツに入れました。(気に入ってる?)今回は対抗戦だったので入れました。(ファンの皆さんへのメッセージは?)またすぐ練習を再開して、次戦に向けて仕上げるんで、これからも応援よろしくお願いします」