永井卓海、デビュー戦KO勝利で、Krush本戦出場をアピール「昨日は興奮してあまり眠れなかった。次はKrushの本戦で出場したい」

2020.04.05

 4月5日(日)、都内で「KHAOS.10」の一夜明け会見が行なわれた。

 五将戦に登場した永井卓海は昨日の試合がデビュー戦。しかも、格闘代理戦争側の2連敗というプレッシャーのかかる状況の中での試合となったが、K-1選抜の鈴木孝司を3RにKOするという完璧な形でデビュー戦を飾ってみせた。
 
 一夜明けての会見でも「興奮してあまり眠れなくて」と喜びに浸っていた永井だが、「試合は落ち着いて、セコンドの声が聞こえてきて、その言う通り動けた」ことが勝因だったことを明かした。

 また、今後の目標としてKrushの本戦への出場を掲げ、同席していた中村拓己K-1プロデューサーを見ながら、「よろしくお願いします」とアピールを忘れなかった。

五将戦 永井卓海
「昨日の試合は何度か映像で確認して、落ち着いて試合を進められたのが勝因だったのかなと思います。(一夜明けての感想は?)ちょっとアドレナリンが出て、興奮してあまり眠れなくて(笑)。メッセージが皆さんから着ていて、本当にうれしかったです。次もがんばろうって思いました(周囲の反応は?)KO勝利できて、ずっと前日の会見でも『絶対KOする!』って言ってたので、有言実行できて本当にうれしかったです。

(昨日の勝因は?)落ち着いて、セコンドの声が聞こえてきて、その言う通り動けたんで、それが勝因につながったのかなと思います。(今後の目標は?)次はKrushに出たいんで。プレリミナリーではなく、本戦で出場したいと思っています。(中村プロデューサーのほうを見つめながら)出場できればいいかなと思っています。よろしくお願いします(笑)。(ローもボディも両方効いていたような気がするが、自分ではどう攻めようと考えていたのか?)元からローキックで相手を引かせてから、倒せたらいいかなと思っていたので。
 実はボディを効かせたことがあまりなかったんですけど、うまいこと効いてくれて、ボディで倒そうと思いました。(試合前にリングに向かうのはどんな心境だった?)いつもは緊張するんですけど、今回は落ち着いて。デビュー戦ということだったんですけど、落ち着いていけたんで、本当にやっと始まるっていう感じでした。これからもっともっと活躍して、ライト級の上に立っていくんで、今後とも応援よろしくお願いします」