「KHAOS.10」4.4(土)新宿 K-1選抜vs格闘代理戦争は4勝3敗で代理戦争が勝ち越し!大将戦は代理戦争・古宮晴がK-1選抜・目黒翔大を撃破

2020.04.04

 4月4日(土)東京・新宿FACEにて「KHAOS.10」が開催された。

 前回の「KHAOS.9」に続き、今大会ではK-1選抜とAbemaTV「格闘代理戦争」卒業生が“7対7 全面対抗戦”で激突。前半戦は山脇飛翼(K-1選抜)、迅也(K-1選抜)、永井卓海(代理戦争)、寺田匠(代理戦争)が勝利し、2勝2敗のイーブンで前半戦を終える。

 後半戦に入っても梨緒弥(K-1選抜)が勝利すれば、稲垣澪(代理戦争)がKO勝ちで踏みとどまり、対抗戦は3勝3敗で大将戦を迎える。

 大将戦は「K-1 AWARDS 2018」のアマチュア部門MVPを受賞した目黒翔大と格闘代理戦争でMVPを獲得した古宮晴による“MVP対決”。これがデビュー戦でキャリアでは劣る古宮だが、目黒のプレッシャーをしのいでハイ、ストレート、ローと巧みに攻撃を散らして判定勝ち。大接戦となった対抗戦は4勝3敗で格闘代理戦争が勝ち越す結果に終わった。

☆全試合結果・詳細・写真・動画はこちら
https://www.k-1.co.jp/khaos/result/16519/


 

選手登録