「KHAOS.10」4.4(土)新宿FACE K-1選抜・鈴木孝司「前回の盛り上がりを超える戦いをしたい」vs格闘代理戦争・永井卓海「皇治軍団としてもALL-WINジムとしても面白い試合をする」

2020.02.25

 2月25日(火)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ「KHAOS.10」4.4(土)新宿FACE大会の大会コンセプトと全対戦カードが発表された。

 前回の「KHAOS.9」で行われ熱狂をもたらした[K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦]が再び新宿FACEに帰ってくる。今大会では最新シーズンのAbemaTV「格闘代理戦争 K-1 FINAL WAR」で活躍した卒業生たちがプロデビューし、K-1甲子園、カレッジ、アマチュア優勝経験者から選び抜かれたK-1選抜と激突。この日の会見では全7試合と試合順が発表された。

 五将戦はキャリア、年齢ともに出場選手で最長のK-1選抜・鈴木孝司(K-1ジム蒲田チームキングス) とteam ALL-WIN所属で皇治軍団、格闘代理戦争ではその容姿からチェ・ホンマンと呼ばれていた永井卓海(team ALL-WIN/皇治軍団)の一戦。両者は「前回大会の盛り上がりを超える試合をしたい」と口を揃え、鈴木は「永井選手も僕をKOしに来るって言ってくれてるんで、僕もKOする気で戦うんで一緒に頑張りましょう」とKO決着必至の激闘を呼びかけた。

永井卓海
「デビュー戦ってことで絶対に負けられない戦いですし、ALL-WINジムから出た選手はみんなデビュー戦勝っていってるんで。そこで僕が負けたら(記録を)止めることになっちゃうんで。デビュー戦勝つのは当たり前ですし、この試合の中でも魅せる試合をしたいと思います。(対戦相手の印象は?)ヒザ蹴りがけっこう上手くて、身長を活かした戦い方をするなってイメージがありますね。鈴木選手はプロ慣れしてるかなって思いますけど、逆に勝てればけっこう自分の中で自信もつきますし、次につながるかなって思います。だからKO狙って頑張っていきます。

(格闘代理戦争の前からずっとALL-WINジムで練習していた?)そうですね。まだジムが出来てそんなに経ってないですけど、代理戦争の前からALL-WINジムでアマチュアの試合とか出てました。プロ練はけっこうバチバチで、最初はやられまくってて(苦笑)。でもそれで強くなっていってるんで、今回も試合までそういう練習で強くなっていきたいと思います。

(自分のアピールポイントは?)格闘代理戦争では自分全然良いところがなくて。それを反省点にして次はそんなことがないようにやっていきたいと思います。アピールポイントは前に出てフィジカルで戦うタイプなんで、どんどん前に行ってローキックで攻めていきたいです。(今回の対抗戦でどんな試合を見せたい?)前回の対抗戦よりやっぱり盛り上げたいですし、その中でも自分が面白かったなって言われる試合をしたいと思っています。(ファンのみなさんにメッセージは?)今回本当に面白い試合をしたいと思ってて、デビュー戦なんで絶対に勝ちますし、皇治軍団としてもALL-WINジムとしても面白い試合が出来れば良いと思います。応援よろしくお願いします」

鈴木孝司
「12月ぐらいに足を怪我してしまって、そこから試合が中々出来なかったので、やっと組んでいただけて本当に感謝してます。組んでいただいたからには面白い試合、みなさんに楽しんでもらえる試合をしたいので激しい試合をします。(対戦相手の印象は?)正直映像は見てないんですけど、やはり代理戦争に出てたってことで周りからの声がけっこうあってチェ・ホンマンって呼ばれてるのも耳にしてまして。でも全然チェ・ホンマンに比べればまだ顔が小さいんで、僕が試合で本物の大きさまでボコボコに出来ればなと思います(笑)。

(キャリアも長い中で格闘代理戦争のデビュー戦の選手と戦うことについては?)やっぱ他のデビュー戦の選手に比べてメディアにも出てますし、一応僕はK-1チャレンジAクラスのチャンピオンなんですけど、永井選手もK-1チャレンジAクラスのチャンピオンですよね。だからK-1vs代理戦争っていうのもあるんですけど、(K-1アマチュア)チャンピオン対決ってところも見どころかなと思います。僕のキャリアは今回で8戦目なんですけど、今までの経験を活かして戦っていきたいと思うのでよろしくお願いします。

(自分のアピールポイントは?)僕はパンチが好きなので、パンチでバチバチ攻めて行きたいと思います。(今回の対抗戦でどんな試合を見せたい?)前回の盛り上がりを超える戦いをしたいと思います。永井選手も僕をKOしに来るって言ってくれてるんで、僕もKOする気で戦うんで一緒に頑張りましょう。(ファンのみなさんにメッセージは?)僕も一緒で面白い試合をしにいきます。みなさん楽しんでください」